文法リファレンス

止音調整

    1)調整値
      +あるいは-に続く1〜100の値で、音長に対する調整パーセントを与える。
      +の場合は音を遅めに止め、-の場合は音を早めに止める。
      ^あるいは~に続く音長記述で、調整する絶対音長を与える事もできる。
      ^の場合は音を遅めに止め、~の場合は音を早めに止める。
      上記符号を付けず直接音長を指定した場合は、固定的な指定音長となる。

    記述した位置から作用を開始する。
    再度、本指定が行われるまで同一フィンガー内でこの値が維持される。
    本指定は、スタッカート指定がなされている音符には効果しない。

実装のきっかけ

殿堂サロンのsecret base 〜君がくれたもの〜(草場) へのコメント より

えっーと、くさばさんのサロンに加藤の話題を持込んで恐縮です...
(ごめんなさいくさばさん)実は、 Museの次期バージョンの件です。
年末からずっ〜とイメージ設計しています。2つあって、1つはフォ
ントに関するもの、もう1つが実は「グルーブ感」を簡便に与えるも
のです。後者はくさばさんのコーディングを見たのがきっかけです。
(私にインスピレーションを与えるのは、言葉による直接的な要求よ
り、 皆さんの実際のコーディングに寄るところが大きいです)両方
とも、いろんな所にダメージがあって大変です。でも、きっと皆さん
喜んでくれると勝手に思っています。以上予告編でした。ただし、上
映日時不明(笑)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-30 (日) 11:03:17 (4863d)
Google