概要

インストーラー版Muse デラックス版に付属するGM・GS互換サウンドフォント。容量は約8.5MB

「emuaps8.sf2」及び「8mbgs.sf2」が持つ音色を配合した上で、よりGS音源らしく使える調整を行っている。

誕生の経緯

インストーラー版Muse」の登場によって、Museを簡単に導入できるようになった。

しかし、デフォルトの音源ではリバーブなどのエフェクトが使えない。このため、せっかくMuseを導入しても、その演奏表現を堪能することができない。

そこで、インストーラー版Museでは、サウンドフォントを1個同梱した上で、最初からそのサウンドフォントで演奏するように設定した。 そして、その同梱したサウンドフォントがコレである。

特徴

軽量で優秀な音質

8.5MBというファイルサイズは、GS互換のサウンドフォントとしては非常に小さい。このため、Windows XPなどでもサクサク使うことができる。

また、「emuaps8」の優秀な音質を継承していることから、生っぽさには欠けるが、濁りのない澄んだ音色での演奏が堪能できる。

親しみやすい音色

サウンドフォントのコミュニティで入手できるGM・GS互換のサウンドフォントの多くが「emuaps8」の音色の一部を差し替える形で設計されている。 これはすなわち、搭載されている音色に一定の信頼性があり、GM・GS互換サウンドフォントのスタンダードとして考えることができる。

独自の調整

より使い勝手が良いよう、いくつかの独自調整を施している。

  1. 全音域での演奏を可能に(emuaps8等では、 o8(ノート108) 以降の音色が欠落しているものが多い)
  2. 音色追加(SC-88以降で採用されている音色バンクの内、既存の音色の組み合わせで近似できる音色を追加)
  3. 音色の編集(音色の一部を、GS音源と互換性が保たれるよう調整)
  4. CM64系統のバンクを削除(Museでの利用において使いにくいため)

スペック

容量
8.5MB
音色数
225音色, 10ドラムセット
互換性
GM・GS

入手方法

インストーラー版Muse」よりダウンロード可能なデラックス版に付属している。その他の入手手段は設けない予定・

バグ報告、リクエストなど

演奏の不備、音色の抜け、追加リクエストなどは、インストーラー版Museの担当である諸熊へ。

問題になったことはないが互換性に関わるので、できればMuse掲示板に投下して欲しい。

残課題

  1. 一部、SC-55のマップも満たしていない音色バンクがあるため、追加を検討する
  2. オーバードライブギター(P30)の音を変更したい
  3. ドラムセット ブラッシュ(P41)のタムタムもブラシにした方が良いと思われる
  4. ドラムセット アナログ(P26)のバスドラムが小さい?(プリセット的に限界なのでバスドラムを拾ってくるか?)

足りてない音色

バンク名称
P5/16FM+SA EP
P5/24Wurly
P6/16St.FM EP
P7/24Harpsi.o
P15/9Carillon
P17/3270s E.Organ
P18/32Perc. Organ
P25/16Nylon Gt.o
P25/32Nylon Gt.2
P29/16Funk Gt.2
P39/1SynthBass101
P40/16RubberBass 2
P41/8Slow Violin
P53/32Chorus Aahs
P63/16Oct SynBrass
P64/16Velo Brass 1
P105/1Sitar 2
P119/9Elec Perc
P124/3Bird 2

更新履歴

2016.12.18

  1. オーケストラキット(P49)のカスタネット(o2r+)が中央から鳴っていたのを、GS音源と同じ位置へ調整
  2. カスタネット(P116/8)の波形が内部的に重複してたのを調整、ついでに音質が向上

2016.12.04

  1. ディストーションギター(P31)などのリリースが長過ぎたのを調整
  2. パワーギター(P31/16)や、ロックリズム(P31/24)の音色を調整

2016.6.30

  1. 音域によって左右に広がる鍵盤楽器の音色バンクの一部(P4/8など)の音が出ていなかったのを修正
  2. エレクトロンキット(P25)のリバースシンバルの音が伸びるようにした
  3. ドラムのボンゴ系の音が抜け落ちていた不具合を修正

2016.1.4

  1. 音域によって左右に広がる鍵盤楽器「ピアノ 1W(P1/8)」などの一部で、音が左右に動いてなかったのを修正
  2. ティンパニの音をよりマイルドになるよう調整
  3. チャーチベル(P15/8)の音色を1オクターブ上げていたが、演奏において違和感があったのでもとに戻した。
  4. パワーのスネア(P17 o2r)を変更。

2015.07.04

  1. アナログキット(P26)のハイハットが異常に伸びていたのを修正
  2. アナログキット(P26)のスネア2(o2m)をSC-88以降の音に近いものに変更
  3. スクエア(P81/1)のo6f+以降のキーがずれていた点、音量が大きく、音がこもっていた点を修正
  4. シン・マレット(P99/1)のキーが1オクターブ低くなっていた点、伸び過ぎていた点を修正
  5. 教会オルガンのバンク(P20/8)の音が、ロックオルガンのバンク(P19/8)だったのを修正
  6. 音色バンクをいろいろ追加(P19/8、P20/16、P31/2、P31/16、P31/17、P31/24、P31/25、P31/26、P35/1、P57/1、P58/1、P61/1、P73/8、P82/8、P103/1、P103/2)

2015.05.06

  1. ドラムセットでスネアロール(o1d+)を使えるようにした
  2. アナログキット(P26)のバスドラム、タム、シンバルの音が濁っていたのを修正
  3. エレクトロンキットのタムが中央に寄っていたのを他ドラムと同じように調整
  • エレクトロンキットのチャイナシンバルが、リバースシンバルになっていなかったのを修正
  1. ドラムセットの、o-列、o7列〜に、SC-88pro互換のバスドラムとスネアドラムの一部を追加
  2. オーバードライブギターのバンクを追加(P30/1、P30/2、P30/3)
  3. サイン波(P81/8)の音のピッチがずれていたのを調整

2015.04.18

  1. ピアノや木琴、ストリングス等の音色バンクを追加

2015.04.03

初版公開


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-06 (金) 20:06:49 (839d)
Google