カラオケ居酒屋 あび屋 話の流れ

ホドナール「クラシックの古典もいいけどたまに雅楽の「越天楽」みたいなのも一度作ってみようかなと思ったこともあるのですが」
ホドナール「木下さんの「六段の調」が一番しっくりきたりします」
ホドナール「実は他の方の「箏曲「五段砧」」「筝曲「三段の調」」などもあったのですがテンポが速めだったので」
ホドナール「なのでMUSEを2つ同時起動で木下さんの「六段の調」をそれぞれの音源で聞くことをお勧めしました」
ホドナール「サロンでの「小倉百人一首」の伴奏ですが結構細かくテンポも動かしているので同一データで伴奏をつけるのは難しいです」
ホドナール「まぁ今回は非公開の意思を尊重しておねだりするのはやめときます・・」
ホドナール「こそーりあび屋の方へ書き込むとは 」
ホドナール「ふむふむ木下さん 何か事情がおありのようですね」
ほのかホドナール様のご帰宅です!422回目のご帰宅です!」
ほのか「あ、店の前にいるのはホドナールさんかしら。」

もっと前を聞く
戻る
来店画面に戻る