Museの裏話

[769] x指定がフィンガー単位のわけ 投稿者:開発者 投稿日:2001/02/02(Fri) 11:10 [返信]

     x指定に関する話題が続いたので、
     開発時にx指定をフィンガー属性とした理由(というよりも私の思考過程)
     を語っておいた方がよいと思い記帳いたします。

     初版Museを開発した当時、私には1つのイメージがありました。
     それは今も続いています。
     「Museのユーザが増えて、いつの日か共演データが出来るほどになると良いなぁ〜」
     というものです。

     共演者が、それぞれx0系だったり、x2系だったりする可能性があるので、
     全体属性にすることは止めました。今の状態で考えると、メンバー属性程度
     にしておくべきだったかもしれませんが、もし上記の“共演の夢”が実現する
     とすれば、データを合体する作業の折、やはりフィンガー属性の方が便利です。
     クラリネットの1stと2ndで、別の人が入れるかもしれませんから...。

     考えすぎかもしれないし、そんな日が来ることはないかもしれないけれど、
     そういった思考過程の末に、フィンガー属性にしました。

     実名をあげてしまう失礼をお許し頂きたいのですが、
     名越さんのバイオリンと、sheenaさんのピアノの共演が実現したら
     嬉しいなぁ〜、なんて考えています。
     きっと素晴らしい演奏だろうなぁ〜。

     (追記)
     ちなみに、現在のMuseには*FINGコマンドがありますので、まず全体的にそれで
     デフォルトの音名系列を指定し、その後部分的に、個々のフィンガーで系列を
     変えることもできますから、それ程の不便もないと考えています。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-05-18 (木) 23:45:20 (4720d)
Google