[[Q&Aコーナー]]

*質問 [#z9269915]

       いつもお世話様です>サイト管理者様、開発者様
       以下のような記述をすると
 
       *FING "x1"
       \-
       [!part1! (<e8>b=<e-cd>a<d->b-<c>gbfag e!←ここ! fgab16<cde>)
       !part2! (g+4g=f+f=e=de_2.)]2`5
 
       e!←ここ! の音が一瞬だけしか出ません。
       試しに順序を逆にして
 
       [!part2! (g+4g=f+f=e=de_2.)
       !part1! (<e8>b=<e-cd>a<d->b-<c>gbfag e!←ここ! fgab16<cde>)]2`5
 
       としたところ正常に音が出るようになりました。
       Museのバージョンは 4.8 の最新です。


*回答 [#w8e9723a]

 [2320] Re[1]: 和音内連符処理 
 投稿者:Katsuwo 投稿日:2003/11/13(Thu) 08:58:51  [ 返信 ] 
 
       こんにちは
 
       > > e!←ここ! の音が一瞬だけしか出ません。
       これは、音源によって症状が出たり、出なかったりします。
       (音源によっては、ちゃんと鳴ってくれます。)
       発音と止音の命令が同時に出されたため、
       後に記述された止音命令が優先されるためです。
 
       和音内の記述だけではなく、
       複数フィンガーを使った場合も同様な現象が出ます。
       *FING "x1"
       #A0 <c2>ge
       #A1 g2ec
 
       きちんと処理してくれる音源を使っている人も
       Microsoft GS Wavetable〜など、まで見据えた
       音源互換性を考えるときは注意が必要です。


 [2322] Re[3]: 和音内連符処理 
 投稿者:開発者 投稿日:2003/11/16(Sun) 02:19:22  [ 返信 ] 
 
       今井さん、ご無沙汰しております。
       質問者さん、ご無沙汰しております。
       研究の手助けになればと思い、記帳いたします。
       > そうすると、現状のMuseではよほど気をつけないと音源互換性
       > を保てないのですね。
       > 私の環境は Microsoft GS Wavetable そのものなので
       > もう少し研究してみます。
 
       この件は、MIDIを作成するソフトの問題ではなく、
       ひとえに音源性能の問題です。
       したがって、どのような音楽ソフトでも同様のことが起きます。
 
       次の例でご説明します。
 
       @AB P49
       #A0 d1^4 _2.
       #A1 _1  d1
 
       この発音指定は、MIDI界では「多重ノートON」と呼ばれているもので、
       この動作はMIDI仕様では保証されていません。(つまり、各メーカーの裁量に
       任されている)
 
       多重ノートONとは“1メンバー内に同音程の発音を重ねて指定する”ことで、
       まさしく、上記の例がそれに当たります。
       図解いたしますと、以下のようになります。
 
       #A0 ●−−−−−−−−−−−−○
       #A1         ●−−−−−−−−−−−−−−○
         ↑       ↑    ↑         ↑
                ´◆   ´         
 
       これを、指示文で書いてみましょう。
 
       。舛気鵝屮鼻廚硫擦鮟个靴董
       ■舛気鵝屮鼻廚硫擦鮟个靴董
       Aさん「ド」の音を止めて!
       ぃ舛気鵝屮鼻廚硫擦鮖澆瓩董
 
       となります。
       問題は、においての音源側の解釈です。
       文章だけ眺めて判断することになります。
       果たしてにおいては、,鮖澆瓩襪戮か、△鮖澆瓩襪戮か?
       それとも、´△領省を止めるべきか?
       図では、,鮖澆瓩襪里正解ですが、△鮖澆瓩討盞覯未脇韻犬任后
 
       #A0 ●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       #A1         ●−−−−○
 
       だけど、両方止めてしまう解釈も成り立ちます。
       (この方が、音源としての処理は簡単(手抜き)です)
 
       #A0 ●−−−−−−−−−−−−○
       #A1         ●−−−−○
 
       使う側からすると本当は、両方止めて欲しくないのですが、音源によっては
       この辺の気配りが足りないものがあります。
 
       質問者さんのタイミング例では、重なるのではなく、
       A0のONとA1のOFFが一致する場合ですね。
       Museは、記述順にONとOFFを素直に出力します。
       たぶん、#A0と#A1をひっくりかえせば、ちゃんと発音されると思います。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google