[[Q&Aコーナー]]

*質問 [#hac6ce46]
 Museデータのmp3化手順について

 ●Museデータのmp3化手順について
 
 友人から、Museデータをmp3化する方法を尋ねられました。
 私は、まずMuseでMIDIエクスポートし、
 VSCの機能を使ってwave化し、
 それをlameでmp3にしています。
 
 しかし、友人はVSCを所有していません。
 皆さんは、どのようにしてmp3化していますか?
 何かお勧めのフリーソフトや、mp3化のための手順があったら教えて下さい。
 よろしくお願い致します。 

~
''(注)V7.60より、サウンドフォントやVSTiを音源とする場合、Museから直接mp3を出力できるようになった。以下はV7.60以前の記述ではあるが、サウンドフォントやVSTi以外の音源でmp3を出力する場合は、現在でも有効な回答である。''~


*回答 [#s9d00d63]

 ■投稿者/ 楠本 -(2014/12/23(Tue) 23:53:15)
 
 私は、「Moo0 ボイス録音器」を使っています。
 普通にMuseを鳴らしながら録音しています。
 http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se459049.html 

 ■投稿者/ 諸熊 -(2014/12/24(Wed) 01:41:28)
 
 私の場合、
  ・VSCの場合はVSCの機能を使ってwave化し、その後lameで圧縮
  ・SoundFontの場合は、TimidityやVSTホストを通してwaveファイルを作成し、その後lameで圧縮
  ・ハード音源は、録音機を繋いでwave録音し、その後lameで圧縮
  Timidityなら、GUIでmidiからMP3へ直接書き出せるはずですが…
 dllいるのかな?使ったこと無いのでわかりません。
 
 ソフトだけで済ませるとなると、その方のパソコンに
 ステレオミキサーが搭載されていることが必要になります。
 最近のPCだと、マイクしか付いてないものもありますので。
 ステレオミキサーが無い場合は、VSCやTimidityを通して書き出すしかないです。 

 ■投稿者/ タカハシ -(2014/12/25(Thu) 00:28:10)
 
 こんばんは、そして掲示板でははじめまして。
 
 私はMUSEでデータを再生しながらAudacityで録音、保存する時に
 mp3形式で保存していました。
 
 しかしBASSMIDI Driverを導入した環境なので、最近はMUSEでMIDI
 エクスポートしたデータをfoobar2000で取り扱っています。
 foobar2000でmidを再生するには、今までは独自のエミュレーター(?)を
 用いたコンポーネントを追加するしか方法がありませんでした。それは
 高音質を誇るfoobar2000とはとても思えない程の劣悪な音質でしたが、最近
 新しいコンポーネントが開発されました。MIDI synthesizer hostという
 コンポーネントであります。これを追加する事でBASSMIDI Driver + SondFont
 の組み合わせが可能となりました!これによりいつもの聞き慣れたMIDIサウンド
 をfoobar2000で聞く事ができ、その動作は非常に軽いものであります。
 
 http://kode54.foobar2000.org/ のfoo_midi 749.9 KB 2014-12-24 01:04:16
 
 foobar2000を用いればmidファイルでもwav、mp3、flac等々任意の形式へ
 再生を待たずして瞬時に書き換え可能となります。

 ■投稿者/ けーご -(2014/12/25(Thu) 13:44:15)
  
 ハードしか使ってないので、1台か2台pcで再生しつつ午後こーだでライン入力(mp3)
 同じく1台か2台pcで再生しつつ「秘儀録音術」+アウダシティ(オーダシティじゃないのこれ)でカットしつつ紅茶でmp3ですかねえ
 
 (マウス移動でキーンノイズが入るので2台だったり) 

 ■投稿者/ くさば -(2014/12/26(Fri) 07:19:39)
  
 ハード音源なので、ミキサー経由、TRI-CAPTUER(Roland UM-33)にて録音。
 ソフトはSony Sound Forge Audio Studio9.0を使用。
 そのまま、編集、マスタリング、mp3にて保存です。 

 ■投稿者/ taka -(2014/12/29(Mon) 14:14:52)
 
 以前はWinGrooveやVSCでWaveファイルを書き出していましたが、最近はSoundFontを使うようになったこともあって、
 「Xmplay」というプレーヤーを介してWaveファイルを書き出しています。
 
 「Timidity」とかと同じようなモノだと思いますが、設定がマニアックな「Timidity」にくらべ「Xmplay」はお手軽です。
 
 <本家サイト(英語)>
 http://www.un4seen.com/xmplay.html
 
 <簡単な説明サイト(日本語)>
 http://www.maximum-mask.net/sf2/?page=xmplay
 
 演奏しながらの録音だと、ときたま音飛びや他のアプリからの音が混入したりして「ムキィー!」となることがありますが、
 プレーヤーから直接Waveファイルが出せるので助かります。
 
 説明を見てみると、コマンドラインを指定すれば直接mp3ファイルも出せるみたいですよ。
 自分は不勉強なので、コンバータを使ってWave⇒mp3の変換を行ってます。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google