* 紹介 [#dc2dd444]
視力がないMuserの一人。2007年3月から本格的にMuseを使い始めた。

音楽は幼稚園時代から積極的?に活動をし、ピアノ教室に通っていた。しかし、ピアノの演奏技術はぴか一、自分ではできない演奏を目指してMidiの世界に入った。

趣味はゲームプログラミング。ゲームで使うBGMや効果音を作るためにMuseを利用している。そのため、真面目に曲を作ってもゲームっぽくなってしまう事が多い。

音楽に関しては、自作中心、人間技ではできない演奏をよく行い、特にドラムはダブルドラムでも危うい事がしばしば… また、前衛やテクノなどの思想も持っている。

2014年10月現在、46曲の殿堂入り作品がある。
2008年、2010年Muse大賞にて、★ウーラニア賞(作曲)を受賞。

* 関連サイト [#p3672136]
諸熊の館 http://hirotaka2014.sakura.ne.jp/

Museデータを置いているわけではないが、それからできたMidiを掲載している。また、最新の自作曲などをMP3にして掲載している。~
過去にいじったMidi音源で比較をするコラムを設けている。~

* 所有音源 [#ydb444d1]
- ソフト音源
-- Microsoft GS Wavetable Synth(名前があるだけ)
-- WinGroove(Win7でもインストールでき、普通に使えるようになった。でも、基本的にリスニング用)
-- Timidity(ソフトウェア音源の中ではメイン。改造したSoundFontなどを寄せ集めて使っている)
-- CoolSoft VirtualMIDISynth(SoundFontの聞き比べなどで活用。短時間の打ち込みに使うこともある)
- ハード音源
-- SC-8850(今でもメイン音源。生っぽさはTimidityにも劣るが、扱いやすく、化けやすい)
-- MU100(XGの主力。ただドラムなどしょぼい音色もあるので、メインには使っていない)
-- SD-50(音質は優秀だが癖が強い。仕事で使うことの方が多い)

#include(Museデータ製作者に50の質問/諸熊)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google