Museテクニック

ドラム音のスタッカートを有効にする「ノートオフ受信」

XGリセットを送ると、MuseがサポートしているDRUMコマンドが無効になってしまう。
またXGにおけるドラムメンバーの同音連打のアサインは常にFULLのため、連打をしていると同時発音数を大量に消費してしまう。

MU128S-YXG50では同時発音数が128あるため、たいていは音切れを心配しなくても済むが、MU100やS-YG20など発音数の少ない音源では他パートの音が切れる可能性が高い。

この対策として、DATAコマンドを使った「ノートオフ受信の有効化」でノートナンバー毎に同音連打時のアサイン処理を設定する事ができる。

デフォルトではドラム音には / や q は効かないが、この設定によりドラム音にもスタッカート制御を与える事が可能となる。

クラッシュシンバルを使っての例

*DATA""
*POOL"43, 10, 4C" ; YamahaID
*DATA"00, 00, 7E, 00" ;XGリセット

#Z0 @P1 o3
*DATA"30, 31, 09, 01" ; Rcv Note Off (On) ノートオフ受信・オン
_1 d+4/d+d+_ _1

解説:
3X Drum Set番号 X=ドラムセット1〜4番は0〜3で表す。
31 クラッシュシンバルのノートナンバー(49)を16進数にしたもの
09 Rcv Note Off のアドレス
01 データ  00 Off / 01 On


ノートオフをノートオンにするのではなく、ノートオフ受信をオンにするという意味。
同音連打時に直前の音をミュートする事ができる。
これを連打の多く、発音時間の長いシンバルなどに設定する事で、同時発音数を抑える事ができる。
シンバルのミュート演奏などにも効果的。

なお、エクスクルーシブやNRPNの後にプログラムチェンジ(P)を入れてしまうと、直前の設定は皆初期化されてしまうので注意。


必ずしも XG リセットを入れる必要はなく、TG300B モードのままでも良い。

 ; *DATA""(コメントアウト)
*POOL"43, 10, 4C" ; YamahaID
 ; *DATA"00, 00, 7E, 00" ;XGリセット(コメントアウト)

#Z0 @P1 o3
*DATA"30, 31, 09, 01" ; Rcv Note Off (On) ノートオフ受信・オン
_1 d+4/d+d+_ _1

この場合、*DRUM"Z2"(DRUMコマンド) を記述してあっても、ドラム音ミュートは有効になる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-20 (木) 17:59:33 (3746d)
Google