インサーションエフェクトを使ってみる(GS編)

概要

4バンド(低域、中域×2、高域)のステレオのイコライザーです。

アドレス

40,03,00

データ

01,00

使用法

*DATA"41,10,42,12(40,03,00,01,00)"

パラメータ

パラメータ設定値既定値値(H)アドレス(H)
Low Freq200/40040000/0140,03,03
Low Gain-12 - +5 - +12+534 - 4C40,03,04
Hi Freq4k/8k8k00/0140,03,05
Hi Gain-12 - +12-1234 - 4C40,03,06
M1 Freq200 - 1.6k - 6.3k1.6k別表1040,03,07
M1 Q0.5/1.0/2.0/4.0/9.00.500/01/02/03/0440,03,08
M1 Gain-12 - +8 - +12+834 - 4C40,03,09
M2 Freq200 - 1k - 6.3k1k別表1040,03,0A
M2 Q0.5/1.0/2.0/4.0/9.00.500/01/02/03/0440,03,0B
M2 Gain-12 - -8 - +12-834 - 4C40,03,0C
+Level0 - 12712700 - 7F40,03,16

説明

パラメータ説明
Low Freq低域の基準周波数を選びます
Low GainLow Freq パラメータのゲインを調節します
Hi Freq高域の基準周波数を選びます
Hi GainHi Freqのゲインを調節します
M1 Freqミッド1の基準周波数を選びます
M1 QM1 Freqパラメーターを中心にしたゲインの変化範囲を調節します。(値を大きくするほど変化範囲が狭くなります)
M1 GainM1 FreqパラメータとM2 Qパラメータで設定した範囲のゲインを調節します
M2 Freqミッド2の基準周波数を選びます
M2 QM2 Freqパラメーターを中心にしたゲインの変化範囲を調節します。(値を大きくするほど変化範囲が狭くなります)
M2 GainM2 FreqパラメータとM2 Qパラメータで設定した範囲のゲインを調節します
Level出力音量を調節します。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-03 (水) 20:01:12 (2822d)
Google