音源

http://www.roland.co.jp/products/jp/SD-50/

特徴

2010年発売の音源。SDシリーズとしてはSD-90SD-80SD-20があるが、その系統らしい。 モバイル環境でも制作ができるように配慮されており、軽くて持ち運びできる他、オーディオ機能もサポートしている。 ただしSD-20の倍くらいの大きさと、モバイルPC2台分の厚みがあり、且つ縦置きが不可能なので、基本的には机の上に置いて使うようになっている。

音色はSDシリーズの音色が多く含まれており単品での音質は優秀。ただしドラムにNRPNが効かない、強弱に対する反応が従来音源と全く違うため、マシンガン演奏になりがちなど、とにかくドラム面はいまいち。 また全体的にシンセリードやシンセベースの音が多くなっており、トランス等もこなしやすい。ただしTR909等使用頻度の高いドラムが無い。 他音源と連動する機能がある辺り、単品で使うよりは他の音源と組み合わせて使うのに適しているものと思われる。

音源としてはGM2・GSに対応している。 GSはSC-55とほぼ同じ音であるが、エフェクトの効き方がSC-8850などよりも強い。 GM2は、音色だけGM2と考えた方がよい。従来のGM2音源とは音色が全く違うため、調整しなければならないことがしばしば。 GM2はクラシカルセット、コンテンポラリセットを切り替えられるらしいが、筆者(諸熊)には不可能だった。

内蔵音源
パート数16
最大同時発音数128音
内蔵音色数1,125音色、32ドラムセット(ソロ音色:3音色、GM2音色:256音色、9ドラムセット、GS音色:226音色、9ドラムセットを含む)
ただし、SD-90/80/20と音色配列の互換性は全く無い(MSB96〜107は無音)ので注意。またGM2の音色のMSBは121にすること。。
ユーザー音色数3スタジオセット
エフェクトリバーブコーラス、マスタリング
オーディオ・インターフェース部
オーディオ入出力チャンネル数入力=1系統(MIC/GUITAR IN:モノ/LINE IN:ステレオ)、出力=1系統ステレオ
信号処理USBオーディオ=16ビット/24ビット、AD/DA変換=24ビット
サンプリング周波数USBオーディオ=44.1kHz、AD/DA変換=44.1kHz
規定入力レベルインプット・ジャック(MIC/GUITAR IN)[マイク:-50?-30dBu、ギター:-30?-10dBu]、インプット・ジャック(LINE IN)[ライン:-30?+4dBu]
規定出力レベルアウトプット・ジャック:0dBu
SMF/オーディオ・ファイル・プレーヤー部
再生可能フォーマット標準MIDIファイル=フォーマット0、1、オーディオ・ファイル=WAV、AIFF、MP3
ディスプレイ122×32ドット LCDディスプレイ
接続端子MIDIコネクター(IN、OUT)、インプット・ジャック(ステレオミニ)、アウトプット・ジャック(RCA-PIN)、ヘッドホン・ジャック(ステレオミニ)、マイクジャック(XLRタイプ、ファンタム電源対応)、マイクジャック(TRS標準6.5mm、ハイインピーダンス入力対応)、USBコネクター[COMPUTER(USB 2.0 Full-Speed USB-MIDI及びUSB-AUDIO対応)、MEMORY(USB2.0 Hi-Speed USB-MEMORY対応)]
電源DC9V(ACアダプター)、充電式ニッケル水素電池単3形×6またはアルカリ乾電池単3形×6、USBバス電源対応
連続使用時の電池の寿命充電式ニッケル水素電池=約4時間、アルカリ乾電池=約3時間 ※ 使用状態によって異なります。
消費電流450mA(バス電源動作)、350mA(ACアダプター、電池動作)

主な所有者


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-10 (土) 08:24:44 (2694d)
Google