Muse

MIDIでいうところのエクスクルーシブメッセージの前半を記述するためのコマンド。
DATAコマンドですべてを記述することも可能であるが、エクスクルーシブメッセージの前半は多くの場合共通になっているので、POOLコマンドを使うことにより DATAコマンドの記述量を減らすことが出来る。
よってその性質上、POOLコマンドは DATAコマンドとの併用で使われることになる。

記述例

GSデータの場合は次のように記述すると*DATAではアドレス以降の記述ですむ。

*POOL "41,10,42,12"    ← POOLコマンドで前半部を定義
*DATA "(40,00,7F,00)"    ← DATAコマンドで後半部を記述

;GSの場合はチェックサムが必要なため、DATAコマンドの内容をカッコで括る必要あり 

XGデータの場合

*POOL "43,10,4C"    ← POOLコマンドで前半部を定義
*DATA "00,00,7E,00"    ← DATAコマンドで後半部を記述

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-18 (火) 09:13:56 (421d)
Google