Museの使い方/初心者向け / Muse記述例と解説一覧


Muse記述例と解説一覧

コメント記述

記述例解説名称
全角文字、全半角|、スペース、タブ基本的に記述に関する半角英数記号文字以外はすべてコメントになり、演奏には影響しないコメント
; コメントラインコメント セミコロン以降の1行は演奏されないコメント
! コメント !ブロックコメント 2つの「 ! 」で文字を挟んだ部分は演奏されないコメント
!!! コメ ! 入れ子 ! コメ !!!コメントを入れ子にする 同じ数の感嘆符で領域区別コメント
  • 感嘆符 ! 〜 !!!!!!!!

全域に関わる記述

記述例解説名称
%125テンポ BPM 125テンポ
%60 :1全音符ぶんの時間をかけて、テンポを 60まで落とすテンポ 遅延
%全メンバーの演奏位置を揃えるタイミング
%ABCDEZA〜E・Z のメンバーの演奏位置を揃えるタイミング
%~ABABメンバーを除いた他メンバーの演奏開始位置を揃えるタイミング
¥=C(Am)スケールの調号調性
¥++シャープ 2つ D(Bm)スケールの調号調性
¥---フラット 3つ E♭(C♭m)スケールの調号調性
  • テンポ %1〜 %999
  • ¥+ 〜 ¥+++++++
  • ¥- 〜 ¥-------

メンバー単位の記述

記述例解説名称
@AメンバーA をコントロールメンバー宣言
@ABCメンバーABC をコントロールメンバー宣言
@A P1メンバー A の楽器「1. グランドピアノ」音色
@Z P1ドラム専用メンバー Z のドラムセット「1. スタンダード」音色
@A P1 /8メンバー A の楽器 Bank 8 の「1. グランドピアノ」バリエーション
@A X7=100メンバー A の基本音量 100コントロール
@A V127メンバー A の音量コントロール ※V127 は X7=vv の中での最大音量となる音量
@A V0 :1全音符ぶんの時間をかけて、音を消す音量 遅延
@A S0メンバー A の定位 中央ステレオ
@A S-64メンバー A の定位 一番左ステレオ
@A S+64メンバー A の定位 一番右ステレオ
@A S-64 :1全音符ぶんの時間をかけて、定位を左へ移動させるステレオ 遅延
@A Y0メンバー Aの ペダル オフペダル
@A Y1メンバー A のペダル オンペダル
@A Y1 :16-32ペダルを離すタイミングを32音符ぶん早める・踏み込むタイミングを16音符分遅らせるペダル
@A Y .64ハーフペダルの踏み込み量 64ペダル
@A W0メンバー A の音に揺らぎを与える揺らぎ
@A T0メンバー A の移調なし移調
@A T+1メンバー A の曲全体の音程を半音上げる移調
@A T-12メンバー A の曲全体の音程を 1オクターブ下げる移調
@A U0メンバー A のピッチベンド 0ピッチベンド
@A U+10メンバー A のピッチを半音上げるピッチベンド
@A U-120メンバー A のピッチを 1オクターブ下げるピッチベンド
@A U+120 :4ギターのアームのような効果の、なめらかなピッチベンドピッチベンド 遅延
@A R40メンバーA のリバーブ量 40残響
@A Q0メンバーA のコーラス量 0コーラス
@A W=64..メンバーA の W(揺らぎ)の細かさ 64変調特性
@A W=.64.メンバーA の W(揺らぎ)の振り幅 64変調特性
@A W=..64メンバーA の W(揺らぎ)の効果をかけるまでの時間 64変調特性
@A W=64.64.64W= パラメータ列挙変調特性
@A R=64..メンバーA の音色の立ち上がり時間 64出力変位特性
@A R=.64.メンバーA の音色の持続レベルに達するまでの時間 64出力変位特性
@A R=..64メンバーA の音色の減退時間 64出力変位特性
@A R=64.64.64R= パラメータ列挙出力変位特性
@A Q=64.メンバーA の音色のローパス・フィルター 64周波数特性
@A Q=.64メンバーA の音色のレゾナンス 64周波数特性
@A Q=64.64Q= パラメータ列挙周波数特性
@A X5=10メンバーA のポルタメントタイム 10コントロール
@A X65=127メンバーA のポルタメントをオンにする(0 でオフ)コントロール
@A X126=0メンバーA で、和音が出ない状態にするコントロール
@A X127=0メンバーA を、和音が出せる状態にする ※デフォルトコントロール
@A X101=0 X100=0 X6=24メンバーAで、ピッチベンド幅を上下 2オクターブにする ※Museでのデフォルトコントロール
@A X101=0 X100=1 X6=66メンバーA のチューニングを 2上げる(半音の 100分の1 単位) ※基準 X6=64コントロール
@Z X99=24 X98=38 X6=65メンバーZ で、スネア(nn38)のピッチを 65にする  ※基準 X6=64コントロール
@Z X99=26 X98=38 X6=100メンバーZ で、スネアの音量を 100にするコントロール
@Z X99=28 X98=38 X6=64メンバーZ で、スネアの定位を 64にするコントロール
@Z X99=29 X98=38 X6=100メンバーZ で、スネアのリバーブ量を 100にするコントロール
@A X128=40.65ポリフォニック・キー・プレッシャー .nn でノートナンバー指定 ※Muse独自CC#コントロール
@A X128=40チャンネル・プレッシャー ※Muse独自CC#コントロール
@A X129=+8192ピッチベンドの精度を上げる ※Muse独自CC#コントロール
  • メンバー A 〜 O, ドラムメンバー Z
  • 楽器 P 1 〜 P128
  • ステレオ S-64 〜 S+64
  • 移調 T-120 〜 T+120
  • ピッチベンド U-240 〜 U+240
  • ペダル Y0 , Y1
  • X126= 0のみ
  • X127= 0のみ
  • ピッチベンド幅 X6=0 〜 X6=24(Museでのデフォルト X6=24)
  • ピッチベンド拡張 X129=-8192 〜 X129=+8191
  • その他 0 〜 127

フィンガー単位の記述

記述例解説名称
#A0メンバー Aのフィンガー 0フィンガー宣言
#A9メンバー Aのフィンガー 9フィンガー宣言
#Z0ドラム専用メンバー Zの フィンガー 0フィンガー宣言
#A0 o4 d4rmf s1ドレミファ ソーーー演奏例
#Z0 o2 d4rdrドッタンドッタン演奏例
x0ドレミファソラシを、drmfslc で表記する音名タイプ
x1ドレミファソラシを、cdefgabで表記する音名タイプ
x2ドレミファソラシを、cdefgahで表記する音名タイプ
d1全音符のド音長
d44分音符のド音長
o4中央のオクターブオクターブ
<d4オクターブを上げるオクターブ
d4>オクターブを下げるオクターブ
d4. d4..付点4分音符のド 複付点4分音符のド音長
_44分休符休符
d+4 d++4シャープ ダブルシャープ臨時記号
d-4 d--4フラット ダブルフラット臨時記号
d=4ナチュラル臨時記号
d4 ^4タイ加算記号
d4 & d42つの音を連結連結
di960i960 = 4分音符の長さ 最小分解能単位の記述微分音長
di60i60 = 64分音符の長さ微分音長
[dms]4和音 [ ]の中に構成音(単音も可)・[ ]の後ろに音長和音
[dms]1 :8遅延を使ったアルペジオ遅延
(ddd)41拍 3連符 ( )の後ろの音長を ( )内音符の数で等分連符
(d4 d8)4シャッフル連符
d4/スタッカートスタッカート
d4/.スタッカート微調整スタッカート
d4/+30スタッカート微調整スタッカート
/0スタッカート値の打ち消しスタッカート
/=スタッカート値のクリアスタッカート
v100音の強さ 100強弱
v0音が無いものとして無視される ミュート表現などには 1 以上を指定する強弱
v-10vの強さを 10下げる強弱
w+20vの強さをその一音だけ 20上げるアクセント
v10 :1 d4ddd遅延を使って音を弱くしていく強弱 遅延
{d4rdr} { }同じ演奏を繰り返す無名マクロ
{d4rdr}2同じ演奏を2回繰り返す無名マクロ
$name{d4rdr}{ }に名前をつけてストック定義マクロ
${name}$name{ } を再現展開マクロ
_1 `4全休符の長さを 4回ぶん伸ばす乗算記号
d1 ~8全音符から 8分音符の分だけ音符の長さを短くする減算記号
'C'1コードコード
'Am<'1 'Am>'1コードの転回コード
'F#'1コードのシャープ #記号コード
'Bb'1コードのフラット 小文字bコード
'C/G'1分数コードコード
'Dsus4(9)'1サスフォー、ナインスコード
'C'1 :8遅延を使ったアルペジオコード 遅延
[dms]4 ,2.直前の [ ] を同じ構成音で再現再現表記
'C'4 ,2.直前のコードと同じコードを再現再現表記
'C'4 :8 ,2.:アルペジオを含めて、同じコードを再現再現表記
'C'4 :8 ,2.:-アルペジオの順を逆にして、同じコードを再現再現表記
'C'0 ,4 :8 ,2.:-音の長さ 0 記述箇所は演奏せず次の再現指定から演奏ゼロ音長
?0ト音記号譜音部記号
?1ト音記号譜の見た目の音階で、ハ音記号譜演奏音部記号
?6ト音記号譜の見た目の音階で、ヘ音記号譜演奏音部記号
q0発音時間デフォルト止音グルーヴ
q+10 q-10音長の 10%ぶん発音時間を長くする 短くする止音グルーヴ
q ^16 q~1616分音符ぶん発音時間を長くする 短くする止音グルーヴ
p0発音開始位置デフォルト出音グルーヴ
p+10 p-10音長の 10%ぶん発音開始位置を前へずらす 後ろへずらす出音グルーヴ
p^32 p~3232分音符ぶん発音開始位置を前へずらす 後ろへずらす出音グルーヴ
y++/-2調性 \++ と 移調 T-2 を一括指定移調楽器
  • フィンガー 0 〜 9
  • 音名タイプ x0, x1, x2
  • 音長 0,1,2,4,8,16,32,64,i
  • 音階 o- d 〜 o9 s
  • 出音 p-100 〜 p+100
  • 止音 q-100 〜 q+100
  • 強弱 v0 〜 v127
  • アクセント w-127 〜 w+127(実際には vの範囲内で有効)
  • スタッカート / 〜 ////
  • スタッカート /-100〜/+100
  • 音部記号 ?0 〜 ?6

コマンド記述

  • HEADTEXTMARKSTOP・FONT のテキスト系コマンド内の文字列はコメント扱いにはなりません。
  • HEADCOLRDRUMROOM・LAME・LILY の記述は一箇所のみ。
  • コマンド内パラメータは設定量が多くとてもここですべては書けません。各コマンドの詳細は Muse付属のマニュアルを参照してください。
記述例解説名称
*HEAD"曲タイトル"曲データ再生時に表示される曲のタイトルHEADコマンド
*TEXT"歌詞" _11. テキストエリアに「歌詞」を表示TEXTコマンド
*"追加" _12. テキストエリアに「歌詞追加」を表示 ※MARKSTOPでも使用可TEXTコマンド
*(0)"ここで" _13. テキストエリアに「ここで歌詞追加」を表示TEXTコマンド
*(-2)"を" _14. テキストエリアに「ここで歌詞を追加」を表示TEXTコマンド
*( ,2)"置換" _15. テキストエリアに「ここで歌詞を置換」を表示TEXTコマンド
*TEXT"" _1歌詞表示を消すTEXTコマンド
*MARK"歌詞" _1曲の頭出し・位置のマークMARKコマンド
*STOP"歌詞" _1曲再生を一旦停止 鍵盤クリックで再生STOPコマンド
*STOP""曲再生を完全停止STOPコマンド
*FONT" Meiryo UI ,1 "テキストエリアに表示する文字列のフォントを設定FONTコマンド
*FING"?0 x1"フィンガー記述を全てのフィンガーに一括で指定FINGコマンド
*DRUM"Z0"メンバーZ の同じ打楽器の音が重なるのを禁止するDRUMコマンド
*DRUM"Z2"メンバーZ の同じ打楽器の音が完全に重なる設定にするDRUMコマンド
*DRUM"B Z-"メンバーB をドラム奏者にして、メンバーZ を楽器奏者にするDRUMコマンド
*ROOM"R3( )Q2( )"R(リバーブ)・Q(コーラス)のエフェクト詳細設定を行うROOMコマンド
*DATA""Museが独自に送出しているエクスクルーシブ・メッセージを無効にするDATAコマンド
*DATA"43,10,4C,02,01,5A,00"エクスクルーシブ・メッセージ (XG音源用) ※F0・F7は必要ないDATAコマンド
*DATA"41,10,42,12(40,01,58,00)"エクスクルーシブ・メッセージのチェック・サム計算 (GS音源用)DATAコマンド
*POOL"43,10,4C"エクスクルーシブ・メッセージの前半メーカーIDを記憶POOLコマンド
*COLR"A(FF0000) BC(0000FF)"メンバーA の鍵盤色を赤に、メンバーBC の鍵盤色を青にするCOLRコマンド
*WAVE"C:¥……"WAVE、MP3 などの音楽ファイルを再生 ※ファイルへのパスを記述WAVEコマンド
*LILY"0 #A0+#A1 #B1*#B2 #G0 #C1"楽譜ソフト LilyPond への出力設定 ※要 LilyPond インストールLILYコマンド
*LAME"-V 2 --abr 192"エンコードソフト LAME による MP3エクスポートのオプション ※要 LAME インストールLAMEコマンド

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-20 (金) 08:45:47 (32d)
Google