初心者向け講座

ここでは、自分のパソコンでMuseを使うための準備の方法を解説したいと思います。 なお、画像はすべてWindowsXPのものです。

このページを印刷するときは、ブラウザで文字サイズを最小にすると大体6ページに収まるそうです。

  1. Museのダウンロード MuseWorldをクリックしてください。このとき、右クリック→「新しいウィンドウで開く」を選ぶと、MuseWorldを表示しつつこちらのページも見ることができます。 クリックした先のページの左側にあるメニューの「ダウンロード」をクリックしてください。すると、右側にダウンロードのページが出てきます。 donyu-1.JPG

↑「Muse Ver4.8」をクリックしてください。

 

donyu-13.JPG

↑左の画面がでるので、「保存(S)」をクリックしてください。間違って画面にそって「キャンセル」をクリックしないでください。

 

donyu-14.JPG

↑左の「デスクトップ」をクリックし、右下の保存をクリックしてください。ダウンロードが完了すると「完了しました」というウィンドウがでるので、OKをクリックしてください。

 

donyu-15.PNG

↑デスクトップに「muse488.exe」というアイコンが出来るので、ダブルクリックしてください。

Windows Vistaにおいては「右クリック」→「管理者として実行」とした方がよいでしょう。

 

donyu-2.JPG

↑なんのためらいもなく、「はい」を選びましょう。

 

donyu-3.JPG

↑パソコンにあまり詳しくない方は何もせずに「OK」をクリックしてください。 詳しい方でも、あとで面倒なことにしたくない方はそのまま「OK」をクリック。 クリックすると、しばらく文字がダダダッと出た後にウィンドウが消えます。 Windows Vista以降ではインストール先のフォルダーを変更し、「C:\Muse」などとしましょう。事前にインストールフォルダーを作成しておきます。

 

ここ」を右クリックして「対象をファイルに保存」をえらんでください。選んだら、Museをダウンロードしたときと同じ要領かつ↓の解説を参考に、「ファイルの種類」は「すべてのファイル」を選択してデスクトップに保存してください。 保存したら、デスクトップにある「pokemonget.mus」というファイルをダブルクリックしてください。

↓上の画像を再利用。手順どうりやってれば「muse488.exe」が「pokemonget.mus」になってるはず。あと、「ファイルの種類」のところは「すべてのファイル」を選んどいてね。 donyu-14.JPG

 

↓この画像では「conan-8.mus」となってますが、イラストを間違えました。手順どおりに進めていれば「pokemonget.mus」と表示されているはずです。 donyu-4.JPG

↑「一覧からプログラムを選択する」を選んで、「OK」を押します。

donyu-5.JPG

↑参照をクリックしてください。

 

donyu-6.JPG

↑大抵は上の「ファイルの場所」が「Program Files」になっているはずです。 このなかから「Muse」のフォルダを選んでダブルクリックします。

donyu-7.JPG

「MUSE.EXE」をダブルクリックしてください。

donyu-8.JPG

↑「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れてください。 好みで「このファイルの種類の説明の入力」に「Museファイル」と入れてください。入れなくても後で困ることはありません。 チェックを入れたら、「OK」を押してください

 

 

鍵盤のウィンドウが開いたら導入手続きは完了です。鍵盤をクリックしてみてください。ちょっとした音楽が流れるはずです。

 

 

Museで音楽を作る手順につづく。  

ショートカットを作る

エクスプローラでMuseをインストールしたフォルダを開き、右クリック→ショートカットの作成で、ショートカットができる。

さらに、下の図を参考にオプションを指定すると各種ウィンドウが起動時に開く。

http://musewiki.dip.jp/pho/SNAG-0026.png

 


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-09 (金) 19:49:27 (2024d)
Google