概要

YAMAHA製XG音源
MU80の後継機種。音色についてはMU80にあるものをそのまま受け継いでいる。ダンス系のドラムキットやオーケストラヒット等50音色程、MU80から追加されている。 トータルのエフェクト数は MU80 に比べかなり増えている。
バリエーションエフェクトが18増え62種類、インサーションエフェクトは40も増え43種類となっている。
さらに、インサーションエフェクトは2つまで使用可能になった。 MU80との高い互換性があるが、エフェクトの効きがMU80より良くなっているため、リバーブのEr/Rev BalanceとFeedback Level等極端な値に設定されたMU80作成のMIDIデータでは、作成者が意図しない鳴り方をする可能性がある。また、MU80用データで、シビアなタイミングでエクスクルーシブデータを送信しているものは、受信できない可能性がある。

余談であるが、MU50ではバリエーションエフェクトのみが使用でき、 MU80では後のインサーションエフェクトの1つであるディストーションのみ使用できる。

mu90.jpg

MU90のほかにMU90B,MU90Rがある。

主な仕様

音源方式 AWM2
最大同時発音数 64音
演奏パート数 32パート
音色メモリー 779ノーマルボイス+30ドラムキット
パフォーマンスメモリー プリセット100+インターナル100
エフェクト 6ブロック(リバーブ×12、コーラス×14、バリエーション×62、インサーション1/2×43、5バンドマルチEQ×5)
演奏モード XG、TG300B、C/M、パフォーマンス
ディスプレイ LCD(バックライト付)
接続端子 ステレオアウト(RCAピン)、ステレオインプット(RCAピン)、ADインプット(ステレオフォーン)、ヘッドフォン(ステレオミニ)、TO HOST、DCイン、MIDI IN(×2)-OUT-THRU
寸法・重量 220W×44H×210Dmm・1.3kg
付属品 ACアダプターPA-3B

主な所有者


添付ファイル: filemu90.jpg 906件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-21 (月) 11:20:44 (2013d)
Google