MIDI の機能と Muse 記述との対応表を作ってみました。

Museマニュアルでは、MIDI 用語がほとんど使われていません。
Muse は初めてだけど、MIDI なら少しは知っている……という方にはちょっと不便があります^^;


MIDI 各機能についてを検索するときなどに、お役立て頂ければと思います。
Muse記述→MIDI用語に脳内変換して検索してください^^;)

MIDI 用語・
関連
Museでの名称Muse記述摘要記述例
テンポ-%1分間の4分音符の回数%120
調子記号
調性
調性-¥その曲のキーを決定する
¥に+(シャープ)、-(フラット)を必要分添える
¥= は C (または Am) キーとなる
¥+++
パート
トラック
MIDIチャンネル
メンバー大文字A〜O

Z
MIDIチャンネル区別
音色・コントロール・ピッチ・移調の設定時に指定

Z は ドラムパート
@A (1ch)
パート
トラック
フィンガー-0〜9#・メンバー・フィンガー順の表記にて
 メンバー内のトラック分け・その区別をする
#A0 (1ch、第1トラック)
#A1 (1ch、第2トラック)
#B0 (2ch、第1トラック)
音色
プログラムチェンジ
音色大文字PGM規格に従う音色のナンバーを指定
Zメンバではドラムセット選択になる
P1
P127
ドレミファソラシ
音階
音名小文字drmfslc
cdefgab
cdefgah(b)
音名タイプ(小文字 x0〜x2 )の指定に従い、
  左表記タイプのいずれかを選択できる
オクターブ絶対オクターブ小文字oオクターブの直接指定
基本オクターブ= o4
o4
オクターブ相対オクターブ-<
>
< オクターブを上げる
> オクターブを下げる
drmfslc<d>
シャープ-+臨時記号としてのシャープ
++でダブルシャープ
f+
フラット--臨時記号としてのフラット
--でダブルフラット
b-
ナチュラル-=臨時記号としてのナチュラルf=
音符音長-1
2
4
8
16
32
64
全音符を等分した長さの音符

0も可。0の場合は演奏しない
 (和音・コード再現時使用)
c4 (4分音符)
休符-_(アンダーバー)_1 (全休符)
付点-.(ピリオド)複付点も可c4. (付点4分音符)
c4.. (複付点4分音符)
タイ-^
(アクサンシル
 コンフレックス)
^ を次の音符との間に挟むc4 ^4
タイ連結-&&を次の音符との間に挟む
音符と音符の間に
 コントロールなどを挟みたい時に使用
c4 &c4
スラー連結-&&を異なる音程の次音符との間に挟む
 スタッカート属性などが前音で無視され規格音長まで伸びる
d4 &c4
ステップタイム
フラム
音符減算-~(チルダ)音符の長さを任意の長さに縮める
 (発音時間ではなく、音符そのものを縮める)
フラムなどの装飾音符併用時に使用
c4 ~64 (4分音符を64分音符分短く)
d64 d4~64 (装飾音符の表記例)
連符
シャッフル
連符-( )( )後ろにつけた音符を
 ( )内の音符の数で等分
(ccc)4 (1拍3連符)
(c4c8)4 (シャッフルの表記)
最小分解能
ステップ
チックス
微分音長小文字iMuseにおける最小分解能単位での音符指定
4分音符= i960 (960ticks)
i960
ベロシティ強弱小文字v音符ごとの強弱v100
ベロシティアクセント小文字w一時的な強弱設定を行なう
v は次の指定があるまで強弱を保つのに対し、
 w は指定した音符のみに強弱を設定できる
  (直前の v 指定を基本に加減)
w+10
w-50
和音-[ ][ ]内に構成音を記述[dms]4
コード
転回
-' '' '内にコード名を記述
(シャープは#、フラットは小文字 b とする)
'C7'1
'Bbm'2
ゲートタイム
スタッカート
スタッカート-/
/.
スラッシュが増えるほど発音は短くなる
 (つけられるスラッシュは4つまで)
ピリオドを添えることで更に細かい発音調整
c4////
ゲートタイム
スタッカート
止音調整小文字q発音時間調整
/よりも木目細かい設定が可
q-10 (発音を 10% 伸ばす)
q+10 (発音を 10% 縮める)
q^64 (発音を 64分音符分伸ばす)
q~64 (発音を 64分音符分縮める)
グルーヴ出音調整小文字p発音開始タイミング調整p-10 (発音を 10% 遅らせる)
p+10 (発音を 10% 早める)
p~64 (発音を 64分音符分遅らせる)
p^64 (発音を 64分音符分早める)
ピッチベンド
ベンドレンジ
ピッチ大文字UU±10でピッチが半音上下
±240(±2オクターブ)まで指定可能
U0
U-10 (半音)
U+120 (オクターブ)
コントロール・
 チェンジ
CC#

RPN)(NRPN
(ピッチベンド)
(アフタータッチ)
コントロール大文字X(CC#)=各コントロールチェンジの直接指定
CC#0〜127まで指定可
RPNNRPN 設定も可

Museでは、
X128=はピッチベンド(-8192〜+8191)を、
X129=はアフタータッチを送信
 (キープレッシャー、チャンネルプレッシャー)
X7=100 (ボリューム
モジュレーション
ビブラート
CC#1
揺らぎ大文字WCC#1 モジュレーションに相当
ビブラートのかかり具合をコントロールする
W10
エクスプレッション
音量
CC#11
音量大文字VCC#11 エクスプレッションに相当
音量をコントロールする
クレシェンド・デクレシェンドなどの抑揚に使用
V127
パンポット
定位
CC#10
ステレオ大文字SCC#10 パンポットに相当
音の左右出力先を設定する
S0 を中央とし、-で左、+で右
S0
S-10
S+10
バンクセレクト
CC#32
バリエーション-P/バンクナンバーCC#32 バンクセレクトLSBに相当
P(音色番号)に、/とバンクナンバーを指定
P49/8
ペダル
ホールド
サスティン
ダンパー
CC#64
ペダル大文字YCC#64 ペダル(ホールド)に相当
Y1でON、Y0でOFF
リバーブ
CC#91
残響大文字RCC#91 リバーブ量に相当R40
コーラス
CC#93
大文字QCC#93 コーラス量に相当Q30
ビブラート・
 レイト
NRPN
波形加工
変調特性
大文字W=1..NRPN ビブラート・レイト
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =8)
 CC#6(データ)
  に相当
W=64.64.64
ビブラート・
 デプス
NRPN
波形加工
変調特性
大文字W=.2.NRPN ビブラート・デプス
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =9)
 CC#6(データ)
  に相当
ビブラート・
 ディレイ
NRPN
波形加工
変調特性
大文字W=..3NRPN ビブラート・ディレイ
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =10)
 CC#6(データ)
  に相当
カット・オフ・
  フリケンシー
NRPN
ブライトネス
波形加工
周波数特性
大文字Q=1.NRPN カット・オフ・フリケンシー
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =32)
 CC#6(データ)
に相当 またはCC#74
Q=64.64
レゾナンス
NRPN
ハーモニックコンテンツ
波形加工
周波数特性
大文字Q=.2NRPN レゾナンス
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =33)
 CC#6(データ)
  に相当 またはCC#71
エンベロープ・
 アタック・タイム
NRPN
波形加工
出力変異特性
大文字R=1..NRPN エンベロープ・アタック・タイム
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =99)
 CC#6(データ)
  に相当
R=64.64.64
エンベロープ・
 ディケイ・タイム
NRPN
波形加工
出力変異特性
大文字R=.2.NRPN エンベロープ・ディケイ・タイム
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =100)
 CC#6(データ)
に相当
エンベロープ・
 リリース・タイム
NRPN
波形加工
出力変異特性
大文字R=..3NRPN エンベロープ・リリース・タイム
 CC#99(MSB =1)
 CC#98(LSB =101)
 CC#6(データ)
  に相当
マスター・
 コース・
  チューニング
トランスポーズ
RPN
移調大文字TRPN マスター・コース・チューニング
 CC#101(MSB =0)
 CC#100(LSB =2)
 CC#6(データ)
  に相当
T±1 で調が半音上下
T-1
T+12
エクスクルーシブ
リバーブ
コーラス
システムエフェクト
ROOMコマンド大文字*ROOM" "システム・リバーブコーラスのパラメータ
パラメータ順に従い、,(カンマ)で区切って記述する
*ROOM"R3(,2,70,50,,40) Q6(1,,2,,,,30)"
エクスクルーシブ
ドラムパート追加
DRUMコマンド大文字*DRUM" "Zメンバー(10ch)以外のパートを
 ドラムパートにする
*DRUM"Z0 J1"
エクスクルーシブ
チェックサム
DATAコマンド大文字*DATA" "
*DATA"( )"
エクスクルーシブ・メッセージ内容を
 ,(カンマ)で区切って表す
F0h・F7hは不要
( )内ではチェックサム自動計算が行なわれる
 (XG音源では、チェックサムは不要)
*DATA"41,10,42,12,(40,00,7F,00)"
エクスクルーシブ
メーカーID
POOLコマンド大文字*POOL" "エクスクルーシブ内の前半の部分
 (主に各メーカーID部分) を記憶させる
アドレス&データを IDと分離したい時などに使用
*POOL"41,10,42,12"
 *DATA"(40,00,7F,00)"

※これが Muse記述のすべてではありません。
Muse独自の「再現表記」「音部記号」などは省いております)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-01 (火) 07:45:33 (3524d)
Google