インサーションエフェクトを使ってみる(XG編)
システムエフェクトを使ってみる(XG編)

VARIATION : AMP SIMULATOR

ギターアンプをシミュレートしたものです。NOISE GATEが入っていますので、A/D入力にも向いています。

バリエーションコネクション *DATA " 02,01,5A, 0x " ; 0:Ins 1:Sys
アドレスMSB,LSB-データ(xxに入る部分)--
02,01,40,4B,00VARIATION Type---
02,01,42,00,xxDrive00-7F(27)0〜127-
02,01,44,00,xxAMP Type00- 03(01)Off,Stack,Combo,Tube-
02,01,46,00,xxLPF Cutoff22- 3C(30)1.0k〜ThruTable #3
02,01,48,00,xxOutput Level00-7F(37)0〜127-
02,01,54,00,xxDry/Wet01-7F(7F)D63>W〜D=W〜D<W63-
02,01,70,xxEdge(Clip Curve)00-7F(70)0〜127 mild〜sharp-

/ Drive : 歪み方の度合
/ AMP Type : シミュレートするアンプタイプの選択
/ LPF Cutoff : ローパスフィルターで高域をカットする周波数 Table #3
/ Output Level : 出力のレベル
/ Dry/Wet : ドライ音とエフェクト音のバランス
/ Edge(Clip Curve) : 歪み方のカーブ(sharp(127)は急に歪みだす、mild(0)は序々に歪む)

 ※システムエフェクトとして使う場合は、Dry/Wet パラメータは無効。


XGシステムエフェクトには、更に以下のパラメータが使える。
各エフェクト共通。

アドレスMSB,LSB-データ(xxに入る部分)-
02,01,56,xxVariation Return00-7F(40)0〜127
02,01,57,xxVariation Pan01-7F(40)1〜127
02,01,58,xxSend Variation to Reverb00-7F(0)0〜127
02,01,59,xxSend Variation to Chorus00-7F(0)0〜127

記述例 : Dry/Wet パラメータを変更する

(*POOL部分は省略)

*DATA"02,01,54,00,40"

Table #3

EQ Frequency (Hz)

DataValueDataValue
00THRU(20)1F700
012220800
022521900
0328221.0k
0432231.1k
0536241.2k
0640251.4k
0745261.6k
0850271.8k
0956282.0k
0A63292.2k
0B702A2.5k
0C802B2.8k
0D902C3.2k
0E1002D3.6k
0F1102E4.0k
101252F4.5k
11140305.0k
12160315.6k
13180326.3k
14200337.0k
15225348.0k
16250359.0k
172803610.0k
183153711.0k
193553812.0k
1A4003914.0k
1B4503A16.0k
1C5003B18.0k
1D5603CTHRU(20.0k)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-10 (木) 13:26:12 (2660d)
Google