Muse でよく使われるウィンドウの一つ。
Muse データで読み取った内容を疑似五線譜として「譜面モニタ」に表示する。
譜面モニタ」の内部を右クリックすると自動的に再読込が行われ、その部分からまた再生が行われる。
譜面モニタ」ウィンドウの左下にあるボタンはそれぞれ以下のような意味を持つ。
《P》…………「譜面モニタ」の一番左端から再生する。
《M》…………「譜面モニタ」の画面を演奏中の場所が一番左端に来るようにスクロールする。
《A》…………「譜面モニタ」の画面の右端小節まで演奏が達した場合、自動的に画面を右にスクロールする。

MONITOR.PNG

図1 譜面モニタの表示画面

譜面モニタ搭載の瞬間

譜面モニタは限定リリースのV3.6以降に搭載されている。
V3.6はメールによる配布というきわめて限定的なリリースのされ方をした。
以下掲示板への当時の書き込みである。

[232] ★★★ 新Muse(V3.6) ★★★ ≪限定リリースのお知らせ≫ 投稿者:開発者 投稿日:
2000/07/26(Wed) 10:24 [返信]

     開発者の加藤です。
     管理人さん、一年間ホームページの運営ご苦労様でした。
     これからもよろしくお願いいたします。

     さて、この晴やかな一周年を記念して、次期Muse(V3.6)の“限定リリース”を行います。
     このバージョンは、地球上のあらゆるホームページへのアップロード予定はありません。
     あくまでも希望者のみへの“限定版”です。(ただし正式なバージョンです)

     加藤宛に、メールにて「Muse(V3.6)希望」とお書添え下さい。
     新しく大がかりな機構を組込んだ Muse(V3.6) を返信メールに添付しお送ります。

     ただし、新バージョンを獲得するには1つの条件があります。
     それは、以下のとおりです。
     ---------------------------------------------
      感想・意見・障害報告・質問などなど、何でも良いから
      「新機構」に関して、一度は掲示板に記帳すること
     ---------------------------------------------

     ただこれだけの条件で、新しいバージョンを満喫できます。
     特に、今回は「目を見はる」機構を組込みました。
     その機構が何であるかも、お申し込みされた方だけが知り得ます。

     申し込みの〆切りは、8/10(木)までと致します。
     では、皆様のご応募をお待ちしております。

譜面モニタのモニタ(書き込み)

多数のモニタ(評価請負人)が応募し、すぐに譜面モニタに対する所感が数多く掲示板に寄せられた。言わば、モニタのモニタである。
これらの記帳中で要望された、現演奏位置を示すマーク(後に指揮棒カーソルと呼ばれた)や、自動追尾(譜めくり)などは、後のバージョンで実現された。

[233] 新Museの感想、意見 投稿者:FRANZ 投稿日:2000/07/26(Wed) 14:35 [返信]
     
     掲示板にははじめて記帳させてもらいます。
     FRANZと言います。よろしくおねがいします。
     
     加藤さんありがとうございます。
     さっそく使わして頂きました。
     たしかに、「目を見はり」ました。
     まだ、使いこなすような段階にいたっていないのですが、
     少しだけ意見、(というか希望)を言わさせて頂きます。
     
     「T」を押すと演奏しているところが出てくるのは
     出てくるのですが、演奏に沿ってずっと見たい時には
     「T」を何度も押さないといけません。
     そこで、演奏に自動追尾(?)するような機能があれば
     いいと思います。ぼくは、音のミスが無いかどうか
     確かめるために流して聞きながら違和感がある個所を
     さがすのが習慣になっているので、そういう機能があれば
     大変助かると思います。
     
     もうひとつだけ。音の強度を太さに反映させることは
     できないでしょうか?そうするとクレッシェンドのところなど
     きれいに...見えないでしょうか?
     
     ちょっと長くなっちゃってすいません。 では。
     
     P.S.新機構のことは、ここであからさまに書いてはだめ
     なんですよね?一応3.6を持ってない人にはあまり
     さとられないように書いたつもりなのですが。
[239] Re:[233] 新Museの感想、意見 投稿者:クジラ飛行机 投稿日:2000/07/28(Fri) 00:43 [返信]
     
     新機能は、さすが、Muse、独創的!と、思わず唸りました。
     ただの、五線符でなく、普通のシーケンサーのピアノロールと
     楽譜のMIXしたような感じが、面白いです。
     
     例のグラフィックと、ソースのテキストが、
     完全同期していて、グラフィックを、ちょっと直すと、
     ソースの方も、変更が反映されるというのだと、
     もっとすごいのですが、さすがに、こればかりは、
     難しいですよね。
     
     音量ですが、グラデーションで表すとか、楽譜の下に、
     棒グラフが出るとか、工夫すると面白そうです。
     
     とにかく、Museに新しい可能性が芽生えて、
     今後にも期待大!
[243] ミューズ3.6の感想 投稿者:草場 投稿日:2000/07/28(Fri) 16:36 [返信]
     
     ミューズはとうとうMML特有のデバッグのしにくさという問題を克服しました。
     もっとよくするには、いまの表示ではなくオタマジャクシで表示してみることですが、
     そうするとフィンガーまたはメンバーごとに表示してやらないと何がなんだかわから
     なくなりそうです。
     あと現在どこを演奏しているのか示すカーソールを表示できるようになればすばらしい
     と思います。
     この機能は、ひたすらミューズ側で入力されたデータをどう解釈しているのかを表示
     するということに徹した機能であり続けて欲しいものです。変にこれでも入力できる
     ようにしようとか考えると、せっかくのミューズ最大の利点が崩れてしまうおそれが
     あるからです。
     ミューズ最大の利点とは、キーボードによる素早い入力にあると感じています。
[244] Re:[243] ミューズ3.6の感想 投稿者:開発者 投稿日:2000/07/28(Fri) 17:22 [返信]
     
     開発者の加藤です。
     草場さん、ご感想ありがとうございました。
     ‖
     ‖この機能は、ひたすらミューズ側で入力されたデータをどう解釈しているのかを表示
     ‖するということに徹した機能であり続けて欲しいものです。変にこれでも入力できる
     ‖ようにしようとか考えると、せっかくのミューズ最大の利点が崩れてしまうおそれが
     ‖あるからです。
     ‖ミューズ最大の利点とは、キーボードによる素早い入力にあると感じています。
     ‖
     ご安心下さい。
     天地神明にかけてこの機構は「モニタ」であることを維持します。
     この機構に限らず、Muse自体は入力にはタッチしないコンセプトで
     これからも開発するつもりです。
     入力のためのエディタは、各人の最も好ましいものを使った方が良いし、
     
     もしグラフィカルな入力をしたい方がいれば、
     Museのグラフィカル・エディタとも言える、
     ↓
     
     ≪ MuseMaker ≫ 高崎さん作 
     http://members.aol.com/jp6tkq/
     
     ≪ MuseBeginner ≫ 津村さん作 
     http://www4.plala.or.jp/sea/
     
     ≪ MuseCreateWizard ≫ 中西さん作 
     http://www.dab.hi-ho.ne.jp/takumi_n/mcw.LZH 
     
     ≪ MuseEditor ≫ 内藤さん作 
     http://www5a.biglobe.ne.jp/~y_naito/muse/ (贈呈方式)
     
     という頼もしいツールが4つもそろっているのですから!
[245] Museのグラフィカル・エディタ 投稿者:Taku 投稿日:2000/07/28(Fri) 21:37 [返信]
     
     開発者様
     > Museのグラフィカル・エディタとも言える、
     > ≪ MuseCreateWizard ≫ 中西さん作 
     > http://www.dab.hi-ho.ne.jp/takumi_n/mcw.LZH 
     びっくりしました。こんなところに載せていただけるなんて。
     そして、今は「mcw.LZH」がリンク切れになっていたと思います。なので、いそいでUPしました。
     ぜひダウンロードしてみて下さい。
     (約180KB、要VB6.0ランタイム)
     
     そして、"グラフィカル・エディタ"と紹介されましたが、
     まだ、試作段階でたいした入力もできず、マニュアルもなく、
     そして私もまだプログラミングにもまだあまり知識はないのです。
     (一応私は中学3年生で受験勉強真っ盛りなのです)
     
     まぁ、これからも頑張って完成させたいと思いますので、よろしくお願いします。
     
     あと、、自作曲ランキングって言うのをやっています。
     私の作った曲を聴いてもらって、投票してもらうという物ですが、
     まだ4票しかありません。
     ぜひ、以下のアドレスにて投票して下さい。
     
     よろしくお願いします。
     http://webs.to/takumi/
[247] Muse3.6について 投稿者:T_MONMA 投稿日:2000/07/28(Fri) 23:43 [返信]
     
     ↓半端に送ってしまいました。すみません。
     
[246] 無題 投稿者:T 投稿日:2000/07/28(Fri) 23:40 [返信]
     
     皆様こん**は。T_MONMAです。
     「Muse3.6」についてですが、気が付いたことを何点か
     申し上げます。
     
     「モニタ」について
      ついに「Muse」に小節線が入った感じですね!私も
     飽くまで「モニター」に徹したつくりが良いと思います。
      あとは希望なんですが、五線譜の横線がもう少しやすいです。
     それとv0の場合(俗に言う「鍵盤アニメ」)の表示ですが、
     私の場合(普通そうだと思いますが)鍵盤を見ながらのデバッグでないと
     意味がないので、MIDIエクスポートと同様に出力しないよう
     してもよいかと思います。
     
     「Vの相対変化について」
     これはいいです。N.Shinichiro さんの書き込みを参考に
     是非「cres.」「dim.」のマクロを使わせていただきたいと思います。
     Kato.さん、N.Shinichiroさん素敵なアイディアをありがとうございます。
[248] Muse3.6の感想です 投稿者:N.Shinichiro 投稿日:2000/07/29(Sat) 01:57 [返信]
     
     加藤さん、Museの最新版ありがとうございます。まったく新しい機構にもかかわらず、
     これだけ豊富な機能を盛り込んでいるのに驚きました。
     特に、現在行っている作業には、マウス右ボタンでのリロードが大変助かります。
     いくつか、気が付いたことを書かせていただきます。
     
     (1) Giveでは2分音符進んだ位置から、マウス右ボタンでは左端から始まるという動作の
       違いは、どうしてなのでしょうか。
     (2) もっぱらリロードのために使っているので、小さくして鍵盤の横に配置して使ってい
       ます。画面のサイズが変更できますが、Museを起動した時、前回のサイズ、位置を
       記憶しておくことができないでしょうか。また、鍵盤よりも常に前面表示ではなく、
       選択されている方が前面に表示されたほうが私は使いやすいです。または、横幅の
       最低サイズがもう少し小さくできると、1024x768の画面で横に重ならずに置けるので
       すが。
[249] Muse Version 3.6 について 投稿者:むらった 投稿日:2000/07/29(Sat) 13:02 [返信]
     
     新Museをいただきました。ありがとうございます。
     入力しかけのデータで試しました。
     
     前バージョンでは *MARK 部分が再生の基準になっていましたが
     モニタではピンポイントで一気にリロード再生されデバッグ作業がとても楽になりました。
     また、再生開始部分が連続音の途中だった場合この音が再生されませんが
     モニタで連続音開始部が容易に確認できるのもありがたいと思います。
     
     これだけの機構がありますと見ているだけでも大きな楽しみです。
     FRANZさんと同じお願いですが「演奏追尾機構」を付加していただけたらと思います。
     動きがぎこちないとのお話ですが、長い音しかないところでカクカク動く様です。
     データに16部音符を無音で付加してみたところそれほど気になりませんでした。
     
     CPU負荷率を心配していましたがペンティアム兇裡械娃娃唯硲(FSB66)
     で80%を超える事はなく音切れは発生しませんでした。
     
     
     ☆管理人さま
     ホームページ一周年おめでとうございます。
     殿堂からは沢山のすばらしい演奏を、この掲示板からは貴重なアイディアや
     情報をいただいております。ありがとうございます。
     今後ともよろしくお願いします。
[250] MuseMaker version1.3 投稿者:JP6TKQ 投稿日:2000/07/29(Sat) 22:24 [返信]
     
     こんにちは、JP6TKQこと高崎です。
     
     MuseMakerが早くもバージョンアップし、
     1.3となりました。
     検索・置換機能がつき、文字化け対策もし、
     子ウィンドウ閉じも装備しました。
     英米・独にも対応し、細かいところが
     充実しました。(本当にそうかなぁ?)
     
     
     えーと、Muse3.6の感想も一緒に書いちゃいますね。
     かなりすごい機構で呆然といているのが現状です。
     これだけ機能が増えてて、18kBしか容量が増えないのは
     かなり物凄いことだと思いますよ。
     VBの中身がどうなっているのかまでは知りませんが。
     
     スペース押し続けるとスクロールし続けますよね。
     これが見応えあります。
     長い音が出るところで少しスクロールが止まり、
     音がこまごまと出るところでは震えながらスクロールする
     ところがちょっと面白いです。
     VSC-88でこれをやるとガタガタすぎて
     使い物になりませんでしたが。
     また、メンバをいくつか消しても、
     発音のある位置でスクロールするようなので、
     
     …何が言いたいのか分からなくなってしまった。
     とにかく、そういった現象が見られて面白いということです。
     
     
     これからもMuse開発がんばってください。
     http://members.aol.com/jp6tkq/
[251] Muse Ver3.6 投稿者:POKEPA 投稿日:2000/07/29(Sat) 23:21 [返信]
     
     メールいただいてから少したちますが、遅れながら感想です(^^;
     まず、「すごい」の一言でした。文字ばかりのデータが、
     カラフルにしかもわかりやすく表示されています。
     この機能があるとmid2musを使って携帯の着メロ入力なんかにも役にたちますね。
     
     要望といえば、とりあえず、N.Shinichiroさんもおっしゃるように、
     サイズと位置を次回起動時にも再現してほしいです。
     自分の場合、メンバー色と並べて表示させてるもので・・・。
     
     また何かありましたらカキコします。それでは。
     http://www.e-net.or.jp/user/konishi/
[252] Muse3.6 DLさせて頂きました 投稿者:北神 陽太 投稿日:2000/07/30(Sun) 03:06 [返信]
     
     基本コンセプトの”音楽の絵”に一歩近づいた
     ようですね。素晴らしいソフトをありがとうございます。
     
     ■バグについて
      "機能"−"データ編集"メニューを選択しても、何も起こらず、エディタが起
     動しません。動作環境 Win98 4.10.1998、iBM Aptiva AMD-K6です。
      なお、テキストエディタはメモ帳ではなく、秀丸を関連づけしています。
     
     ■要望について
      おそらく、大勢の方からあるとおもうのですが、エディタ一体型のほうが、
     入力支援、デバッグなどの機能が強化されます。"音楽を描く"
     ための筆とキャンバスの部分ですね。
     
      高度なMMLになると、どうしても覚えるのに数週間かかってしまいます。
     Readmeが"演奏方法"を基準に書かれているため、「何をやりたいか」から探す
     のはラクですが、他のMMLで書かれたデータを変換したいとき、機能から探した
     い場合があります。
     http://homepage1.nifty.com/kitagami/index.htm
[257] V3.6の感想 投稿者:安部 投稿日:2000/08/02(Wed) 00:38 [返信]
     
     V3.6ありがとうございます。
     早速いろいろな曲をモニターに通してみました。
     自分で作った曲など、実は少しずれて足りしていたのが分かりました。これは便利です!
     
      これが会ったらいいなぁ、と思うのが使っていて1つ見つけました。
      モニターが演奏中に自動スクロールしてくれたらかなり使いやすくもなる
      と思いまいした。(←贅沢?)
     
     これからも頑張って開発をしてください。それでは
[258] V3.6について 投稿者:Hashiita 投稿日:2000/08/02(Wed) 01:56 [返信]
     
     加藤さん、V3.6ありがとうございます!
     譜面モニタのアイディアはとても良いと思います。
     鍵盤アニメーションの部分とかも派手に表示されて面白いです。
     しかし、自分の曲で試したのですが、メンバー数が多い曲だと
     ごちゃごちゃして少し見づらいです。
     他の方と同じような感想かもしれませんが、
     やはり、キーを押しつづけるのは面倒なので
     自動スクロールがあれば良いと思います。
     あと、今どこを演奏してるのかが分かるような
     カーソルやラインもあればもっと良いと思います。
[260] Muse3.6   投稿者:Tumura 投稿日:2000/08/02(Wed) 23:01 [返信]
     
     加藤様
     Muse3.6 ありがとうございました。
     新機能すばらしいですね。
     みごとな変換でさすがだな と感心しきりです。
     私のMuseビギナーと表示が似ているところが
     あるように感じ、なにかうれしい思いです。
     高度でありながらシンプルなデザインはとても
     参考になります。
     
     http://www4.plala.or.jp/sea/
[263] Muse3.6 投稿者:Tumura 投稿日:2000/08/03(Thu) 20:45 [返信]
     
     追伸
     Muse3.6の新機能と
     Museビギナー2 編集画面の 部分モニタ機能を使うと
     音長のミスの確認、楽曲の装飾等に大変使えます。
     皆さん,ためしてみたらいかがでしょう? 
[264] Muse3.6 投稿者:永田 投稿日:2000/08/04(Fri) 00:17 [返信]
     
     加藤様
     Muse3.6有難う御座います。
     早速試して見ました、全く新しい機能に驚きました。
     入力の訂正が、大変便利に成りました。
     次期バージョンでの自動追尾機構が待たれます。
     これからも頑張ってください。
[265] Muse3.6 投稿者:一瀬 投稿日:2000/08/04(Fri) 22:59 [返信]
     
     加藤様
     Muse3.6 早速使ってみました。
     「すごい!」の一言です。
     楽譜の打ち込みミスなどが一目で
     わかるので、とても助かりました。
     ありがとうございました。
[277] MuseVer3.6 投稿者:南波 投稿日:2000/08/07(Mon) 21:38 [返信]
     
     加藤様
     Muse3.6をいただき使ってみました。
     これは素晴らしい機能ですね!
     今まで面倒だったデ−タの間違いを探すのが
     一目で分かります。
     
     これからも開発頑張って下さい。
[279] アルペジオの誤解にMuse3.6譜面モニタで気が付きました 投稿者:N.Shinichiro 投稿日:2000/08/08(Tue) 00:30 [返信]
     
     今まで、アルペジオのための発音遅延は、和音全体を奏でるまでの遅延音長だと誤解していました。
     譜面モニタにより、一音ごとの遅延だと分かりました。Readme.txtでは少し分かりにくいので他にも
     誤解している方もいるかもしれないと思い、書き込みました。
     久しぶりに音符入力を始めて、譜面モニタの強力なデバッグ効果を実感しています。
     
     http://plaza3.mbn.or.jp/~snagoya/
[285] Re:[279] アルペジオの誤解にMuse3.6譜面モニタで気が付きました 投稿者:むらった 投稿日:2000/08/09(Wed) 19:19 [返信]
     
     ☆ N.Shinichiroさん
     
     アルペジオのための発音遅延に関してのレポートありがとうございます。
     わたしも一度だけ使わせて頂いたことがありますが試行錯誤で苦労した
     ことを覚えています。
     
     次回のデータ作成からは、ご指摘の通りやってみたいと考えますが
     一発で望む音長に近い結果が得られるのではないかと思います。
     
     すばらしいアイディアや情報をお知らせいただきありがとうございます。
[287] 遅くなりました 投稿者:Sion 投稿日:2000/08/10(Thu) 23:38 [返信]
     
     せっかく、Muse3.6を頂きながら、
     自分のHP更新が思うに進まず、
     感想を書けずにいました。
     どうも、申し訳ありません。
     未だ悪戦苦闘中なのですが、
     近々Ver3.7が出ると知り、
     
     これはマズイ!!
     
     と、思い、書き込みさせて頂きました。
     
     
     今回、HP用のBGMを作っていて感じたのは、
     モニター機能の高いデバック能力です。
     以前は後でチェックしやすい様に、
     奇麗に整理して書いていたのですが、
     それでも、タイミングが狂ったり、
     各楽器の譜面合わせに苦労していたのが嘘の様に、
     スムーズに作る事が出来ます。本当に凄い・・・・・・。
     
     
     あと、もし機能を追加するとすれば、
     今回の新機能とは関係ありませんが、
     例えば、バイオリンの場合、
     各弦をスムーズに弾き繋いでいく様な奏法とか、
     (つまり”スラー”)
     左手を震わせてビブラート(と、言って良いのでしょうか?)
     をかけるとか、
     今では一音毎にボリュームやピッチを調整して作るしか無い様な
     効果を手軽に使える様になれば、
     更に豊かな表現が可能になると思うのですが、
     やはり、贅沢過ぎますか・・・・・・。
     
     現在ある、あれだけの機能を、
     軽い容量で、レジストリを弄る事無く実現し、
     それをフリーで公開して下さる事には、
     本当に驚嘆すると共に、
     感謝の気持ちで一杯です。
     御多幸、御健勝を祈っております。
     
     http://ww2.et.tiki.ne.jp/~sion/
[290] Muse3.6ぎりぎりセーフ。 投稿者:Taku 投稿日:2000/08/11(Fri) 11:55 [返信]
     
     Muse3.6のモニタ募集ぎりぎりで、使わさせていただきました。
     
     「モニタ」には驚くばかりです。
     吹奏楽曲を作るとき、どうしてもメンバが多いと、
     途中で訳が分からなくなってしまうんです。
     装飾音符が多用されたときには、もう・・・。
     
     でも、この機能があると、どのメンバがずれているかすぐ分かるし、
     そのずれているところから右クリックだけで再生できるなんて言うのは、
     デバックがとても簡単になりました。
     素晴らしい機能ですね、モニタは。
     
     Museのモニタ機能とともに、私の作ったソフトもお使いいただけると幸いです。
     「Muse Advanced Tag Editor」↓
     http://www.dab.hi-ho.ne.jp/takumi_n/
     
     >まるみぎさま
     Muser's Linkにリンクを掲載して頂きたいのですが、
     どうすればよいでしょうか。
     
     よろしくお願いします。
     http://www.dab.hi-ho.ne.jp/takumi_n/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-27 (土) 01:12:44 (2183d)
Google