Museの裏話

[1379] 殿堂の重さ 
投稿者:開発者 投稿日:2003/01/07(Tue) 17:02:52  [ 返信 ] 

      疾風さんの質問に触発され、
      現在の殿堂が、のべにして一体どの位の時間が掛けられているのか、
      興味が出たので調べてみました。

      現在の殿堂登録曲の総演奏時間は、約123時間です。
      皆さんのMusingに掛ける時間を、演奏時間3分あたり1週間と仮定してみます。
      すると、2460週間→47年となります。

      つまり、一人で現在の殿堂曲をMusingしようとすると47年間かかるわけです。
      これだけの価値が今の殿堂にはあるんですねぇ〜。

      それにしても123時間というのは凄いですね。
      毎日4時間ずつ聴き続けても、全部聴くのに1ヶ月以上かかります。
[1418] Re[2]: 殿堂の重さ 
投稿者:開発者 投稿日:2003/01/13(Mon) 14:40:26  [ 返信 ] 

      ななほしさん、こんにちは。
      >ぜひ、お願いなのですが、譜面モニターから入力できるようにMuseを
      >進化させていただけないでしょうか? 

      せーさん、代弁ありがとうございます。
      >うーん、おれが言うのもなんだけど多分加藤さんは
      >YESとは言わないんじゃないかと思います・・・。

      そうですね。結論からすると確かにNOですが、
      その前に、Museのコンセプトをご理解いただきたいと思います。

      「Museはデータの入力作業に直接タッチしない」

      という指針で開発されております。
      Museは、MIDIコンパイラであり、MIDIプレーヤーであり、MIDIモニタであり、
      そして、データフォーマット(Muse文法)なのです。

      データの入力自体は、直接文字データで入れても良いし、
      ビジュアルなもので入力しても良い。
      それは、データ制作者の好みや相性で決定した方が良いと思っています。
      入力作業はMuse以外のエディタに任せた方が、
      選択の幅が広がってデータ制作者にとっては望ましいであろう考えています。
      それは文字入力であろうとも譜面入力であろうとも同じ事です。
      Muse自体は、その入力形態を強制しないコンセプトです。

      文字入力系のエディタも譜面系のエディタも、
      ミューザーの皆さんにご支援いただき、多くのユニークなエディタが揃っています。
      Museとは関係のない通常のエディタも含めれば、
      その数は無尽蔵と言えるほど世の中に出回っています。
      その中から、自分に最も合ったものを選んで使うのが一番良いと思っています。

      ちなみに譜面入力系のエディタですが、
      これはMuse専用のものでないとMuseと併用できません。
      幸い、お二人の方が素晴しい譜面型入力ソフトを開発してくれました。
       ↓
      http://www5b.biglobe.ne.jp/~hyt/
      http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se227403.html

      他にも、いろいろなタイプの支援ソフトがあります。
      私のページでご紹介しておりますので、ご参考にして下さい。
      ↓
      http://www.c3-net.ne.jp/~kato/muses/index.html

      ななほしさん
      >シェアウエアになさるとか……そういう進化も便利になるのでした歓迎です。
      この件に関しては、2ヶ月ほど熟考してみます。(笑)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-18 (火) 14:29:40 (4662d)
Google