Xを活用する

概要

曲中での音量変化をつけるためのコントロール。 メンバー間での基本的な音量調整はボリューム(X7)で曲の冒頭にて行う。

 ★参考 :V(エクスプレッション)とX7=(ボリューム)の違い

記述方法

X11=100などとしても記述可能であるが、Muse文法で標準的にサポートされる(V)を使うことが推奨される。

V100

また、遅延音長を利用した記述も可能である。

V100:4

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-19 (土) 19:56:54 (4325d)
Google