[[文法リファレンス]]

;    1)コントロール番号~
;      0 〜 129 の値。0 〜 127 は、MIDI音源のコントロール番号と等しい。~
;      128はキープレッシャを、129はピッチベンドの指定となる。~
;~
;    2)コントロール値~
;      コントロール番号が 0 〜 128 の場合は、0 〜 127 の範囲を持つ。~
;      コントロール番号が 129 の場合は、-8192〜+8191の範囲を持つ。~
;~
;    3)ノート番号(2)が128の場合のみ指定可能)~
;      ピリオドに続くノート番号の記述で、ポリフォニック・キープレッシャー~
;      を指定する。ノート番号は、0 〜 127 の範囲を持つ。60が中央のド。~
;      省略した場合は、チャネル・プレッシャーとなる。~
    1)コントロール番号~
      0 〜 129 の値。0 〜 127 は、MIDI音源のコントロール番号と等しい。~
      128はキープレッシャを、129はピッチベンドの指定となる。~
~
    2)コントロール値~
      コントロール番号が 0 〜 128 の場合は、0 〜 127 の範囲を持つ。~
      コントロール番号が 129 の場合は、-8192〜+8191の範囲を持つ。~
~
    3)ノート番号(2)が128の場合のみ指定可能)~
      ピリオドに続くノート番号の記述で、ポリフォニック・キープレッシャー~
      を指定する。ノート番号は、0 〜 127 の範囲を持つ。60が中央のド。~
      省略した場合は、チャネル・プレッシャーとなる。~


詳細は[[Xを活用する]]を参照してください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google