[[Museの裏話]]

[[テキスト表示領域の背景色を変更する]]

 Windowsに設定された色を使うのでなく、フォントの確認でデフォルト値を指定すること
 ができ、なおかつ*COLRみたいな方法で指定できた方が、おもしろいかなと思います。
 (くさば)


 今回の機構を組み込む時に、既にそのイメージも候補に挙がっていました。
 どっちにするか悩みましたが、
 私は「基本的に指定するパラメータは少ない程気持ち良い」
 というセンスを持っておりまして、現在の機構を採用しました。
 「データ編集(D)」で起動するテキストエディタも、
 普通なら指定できるようにするところを、*.txt拡張子の関連付けから
 エディタを選ぶという仕様も、この筋ですね。(苦笑)
 
 まあここは個人的な趣味と言うことで、開発者の権利を行使させて下さい。
 でも、いつか気まぐれに仕様変更するかもしれません。
 Muse文法のような上位互換性の考慮が不要ですから気が楽です。
 (開発者)

(注)2007.05.18のMuse(V5.0)より、初期化ファイル(muse.ini)への記述で任意のテキストエディタを指定できるようになった。

(注)2012.06.04のMuse(V6.1)より、初期化ファイル(muse.ini)への記述でテキストエリアの背景色を指定できるようになった。逆にWindows画面のプロパティでの設定色を採用する方式は撤廃された。


#comment_nospam

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google