文法リファレンス

止音調整

;    …汗庵 ;      +あるいは-に続く1〜100の値で、音長に対する調整パーセントを与える。 ;      +の場合は音を遅めに止め、-の場合は音を早めに止める。 ;      ^あるいは~に続く音長記述で、調整する絶対音長を与える事もできる。 ;      ^の場合は音を遅めに止め、~の場合は音を早めに止める。 ;      上記符号を付けず直接音長を指定した場合は、固定的な指定音長となる。 ; ;    記述した位置から作用を開始する。 ;    再度、本指定が行われるまで同一フィンガー内でこの値が維持される。 ;    本指定は、スタッカート指定がなされている音符には効果しない。


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS