MuseでSoundFont?を使う

はじめに

SoundFont?概説

SoundFont?とは、ピアノやギター、ドラムなどの楽器波形が収録されたファイル。特定のソフトウェアで読み込むことで、事実上の音源として使うことができる。 SoundFont?の種類は豊富、且つ無料で使えるものも多く残存している。このため、根気しだいでハードウェア音源並の音質での音楽を堪能できる。また、従来の音源では出せない音色を探す楽しみがある。 しかしながら、一般への普及が進んだ1990年代は敷居の高い技術であった。導入手順が難解であったことや、演奏時の負荷が従来の音源に比べて高かったためである。 現在は、これらの問題は緩和されつつある。特にパソコンのスペック向上により、規定の音源としてSoundFont?が使える演奏環境が発展した。

Museにおける対応

Muse V6.1にて、SoundFont?を使って演奏できるソフトウェア“VirtualMIDISynth”と連携することで「音源」メニューから選択したSoundFont?を演奏可能になるようになった。 それから4年後のV7.5の時点で、“VirtualMIDISynth”のバージョンアップに伴い、Museからの制御が不能となり、この連携機構は廃止された。 しかし1ヵ月後のV7.6にて、Museが自力で、つまり“VirtualMIDISynth”無しで、SoundFont?演奏を可能とする形で復活を遂げた。

(注)MuseとVirtualMIDISynthは、共にBASSライブラリによってSoundFont?演奏を実現している。Muse側は明示的リンクでこのライブラリをアクセスしているが、VirtualMIDISynthがどのようなアクセスをしているかは定かではない。よって、MuseでSoundFont?演奏を行う場合は、むしろVirtualMIDISynthはインストールしない方が良いかもしれない。一般に言われるDLL-HELLという事態に陥る可能性があるためだ。

SoundFont?の利点

SoundFont?の欠点

MuseにおけるSoundFont?の導入手順

SoundFont?を入手する

演奏で使用するSoundFont?を入手する。 今回は、音質・容量・バランス共に整っているSoundFont?GeneralUser? GS」を例に説明する。これは主観であるが、30MB付近のSoundFont?の中ではかなり優秀なものである。 まず、配布サイトへ行き、SoundFont?をダウンロードする。 配布元では、使用しているSoundFont?対応ソフトウェアに合わせて調整されたバージョンがあり、今回の場合は「GeneralUser? GS SoftSynth?」を選択する。 他のバージョンでも音は鳴るが、トーンがずれて聞こえることがある点に注意。 入手したファイルはzip圧縮されているので展開すると、SoundFont?ファイルが現れる。SoundFont?の拡張子は「sf2」である。

SoundFont?を置くフォルダを作る

入手したSoundFont?を、任意のフォルダに設置する。これは、今後SoundFont?を使い分ける時に備えて専用のフォルダを作っておいた方が良い。 例えばMuseの入っているフォルダに「SoundFont?」というフォルダを作り、そこに入れる。Timidityを使っているのなら、すでに「C:\timidity\musix\」といったフォルダがあるはずなので、それを活用しても良い。

MuseにSoundFont?フォルダを関連付ける

最後に、Museで先ほど作ったSoundFont?フォルダを関連付けることで、Museの音源欄にSoundFont?の一覧が並ぶ。 設定ファイル「muse.ini」を開き、下記のパラメータに、SoundFont?が入っているフォルダのパス名を入力する。 相対パスで指定することもでき、その場合の基点フォルダはmuse.exeの存在フォルダとなる。 以下は、絶対パス指定をする場合の例である。

#SF = C:\Programs\MUSE\SoundFonts\

Timidityを使っているのなら、以下のように記述する。

#SF = C:\timidity\musix\

※「インストーラー版Muse」のデラックス版では、上記の導入を自動で行うことができる。 また、Muse用のSoundFont?が付属しているため、導入直後に演奏することができる。

掲示板で話題となった主なSoundFont?

ここでは、掲示板で話題となったSoundFont?の一部を紹介する。なお情報の追記大歓迎である。 なお、SoundFont?の楽器配列は自由であるので、必ずしもGM128個の楽器が収録されているとは限らない。例えばオーケストラ楽器詰め合わせのSoundFont?では、P1〜P40まで管弦楽器ということも在りえる。 このため、一般的なMidi演奏を希望するなら、「GM」と付いたSoundFont?を探そう。


A320U.sf2(9.5MB)

現在のTimidityに同梱されている軽量SoundFont?。一部MSGSと似た音が出るが、基本的にEMU系統の音が出る。バランスは良いが、音質はいいわけではない。

FluidR3 GM(144.9MB)

Public domainのSoundFont?。原版の配布元は消滅しているが、他サイトで入手可能。多くの音がステレオサンプリングであり、音質は良好だが癖が強い。なお同GSのフォントも入れればSFX系の音が鳴らせるようになる。

GeneralUser? GS(30.5MB)

汎用性の高いSoundFont?。バランスが良く、この近辺のSoundFont?の中では扱いやすい。配布元では現在も更新が続いている。

GiantSoundFont?(合計499.9MB)

合計すると500MBにもなる巨大なGMのSoundFont?。残響が深いため、煌びやかな音が出る。音質や音色の目新しさは優秀。

SGM(240.3MB)

視聴用としては最も優秀とされているSoundFont?。バランスが重視されており、SC-88ProのGS向けMidiの演奏にもそこそこ対応できる。ただし個々の音色が凡庸。

AIRFONT380(269.5MB)

巨大でバランスの良いSoundFont?。GMのMidi演奏においてはSGMを上回る性能を発揮できる。なお容量が3分の1以下になった「A340」というSoundFont?がある。

より高度な活用術

(注)以下の記述は、Muse V7.4以前の機能について解説している。現在のMuseは単一のSoundFont?しか扱えず、またConfig指定の機構もない。

大量のSoundFont?が格納されているフォルダを指定すると、音源メニューがSoundFont?だらけになってしまう。 この場合には、対象のSoundFont?名を書き込んだ設定ファイルを作成し、それを入れた専用のフォルダを設けることで緩和できる。

CFG専用フォルダの準備

例えばMuseフォルダ内にCFG専用のフォルダを作り、MUSE.iniにはそのフォルダパスを指定する。

#SF = C:\Programs\MUSE\SFconf

confファイルを書く

上記のフォルダに、任意の名前のconfファイルを作成する。名前はSoundFont?名でもいいし、「基本セット」のような名前でも良い。 メモ帳などのテキストエディタで、以下のテキストを作成する。

; 基本セット configfile(名前は自由)
; --------------------------------------
[SoundFonts]
sf1=C:\Programs\MUSE\SoundFonts\GeneralUser GS SoftSynth v1.44.sf2
; --------------------------------------

上記ファイルを、「基本セット.conf」などの名前でSFconfフォルダ内に保存する。「ファイルの種類」を「全てのファイル」にすることを忘れずに。

複数のSoundFont?を一度に読み込む時は?

バラけている複数のSoundFont?を組み合わせたり、部分的にSoundFont?を差し替えたい場合には、以下のようにパラメータをいじって記述する。

; Giant_Soundfont 設定ファイル
; --------------------------------------
[SoundFonts]
sf1=C:\Programs\MUSE\SoundFonts\5.5bank1.sf2
sf2=C:\Programs\MUSE\SoundFonts\5.5bank2.sf2
sf3=C:\Programs\MUSE\SoundFonts\5.5bank3.sf2
sf4=C:\Programs\MUSE\SoundFonts\drumset3.0all.sf2
; --------------------------------------

上記の文法はVirtualMIDISynthの設定に準じたもので、MUSEではこれをそのまま送信しているだけである。このため、将来VirtualMIDISynthの設定ファイル文法が変化しても、Muse自体はバージョンアップすることなく継続利用が可能なはずである。

VirtualMIDISynthの設定文法は公開されているわけではないが、WindowsのSystemディレクトリに入っている。作者に確認した所では、「意味が理解できれば自由に編集しても良い」そうである。

設定ファイルを読めばわかることであるが、音量バランスなどさまざまな設定も行うことができる。例えばZSF_GMのように極端にドラムの小さいSoundFont?を使う場合には、他チャンネルの音量を小さくしたconfファイルをMuseフォルダに設置すれば、そちらが反映される。

以下、Windowsの32bit版(X86)の場合のパスを記載しておく。64bit版の場合や、OSがCドライブに無い場合は異なるので注意する。

C:\WINDOWS\system32\VirtualMIDISynth\VirtualMIDISynth.conf

VirtualMIDISynth を Timidity と比べてみると

SoundFont?を使って演奏できるソフトウェアとして著名なものには、Timidityがある。これに対してVirtualMIDISynthは、以下のような違いがある。


使用用途

結論から言うと、TimidityとVirtualMIDISynthは用途が異なる上共存が可能なので、問題がなければ両方を使い分けることをお薦めする。

VirtualMIDISynthは、演奏の手軽さ、SoundFont?導入のしやすさの点でお薦めである。一方で、より上位の演奏を行う場合はTimidityを使うことを推奨する。


VirtualMIDISynthが優位なポイント


Timidityが優位なポイント


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS