Muse でよく使われるウィンドウの一つ。
Muse データで読み取った内容を疑似五線譜として「譜面モニタ」に表示する。
「譜面モニタ」の内部を右クリックすると自動的に再読込が行われ、その部分からまた再生が行われる。
「譜面モニタ」ウィンドウの左下にあるボタンはそれぞれ以下のような意味を持つ。
《G》…………「譜面モニタ」の一番左端から再生する。
《T》…………「譜面モニタ」の画面を演奏中の場所が一番左端に来るようにスクロールする。
《A》…………「譜面モニタ」の画面の右端まで演奏が続いた場合、自動的に画面を右にスクロールする。

MONITOR.PNG

図1 譜面モニタの表示画面


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google