LilyPondにおける1カッコ/2カッコによる繰り返し表現は大域的な指定であるため、 Museでのスルー指定に多少のコツが必要ではあるが問題なく実現できる。

以下の楽譜を例にしてその指定方法を示す。

1-2braket.png

まず、LilyPondを意識しない段階のMuse側演奏データは以下のとおりである。

#A0 m4fsl
#B0 d4rmf
%
$Rep{
#A0 s4sss llll
#B0 d2m   f2r
}
%
#A0 s4ls2
#B0 m4rdm
%
${Rep}
%
#A0 c4lsf
#B0 m4fdr
%
#A0 m1
#B0 d1

ここで、マクロによる繰り返し部分の楽譜を出力しないよう抑止する。

#A0 m4fsl
#B0 d4rmf
%
$Rep{
#A0 s4sss llll
#B0 d2m   f2r
}
%
#A0 s4ls2
#B0 m4rdm
%
*LILY"-(x)"	;←マクロ部分の楽譜出力を抑止
${Rep}
%
*LILY"+(x)"	;←再開
#A0 c4lsf
#B0 m4fdr
%
#A0 m1
#B0 d1

一方、LilyPondそのもののカッコ付き反復記号の文法は以下のとおりである。

lily-8e4a0fe3.png
 	\repeat volta 2 { c4 d e f }
◆	\alternative {
:	  { c2 e }
ぁ	  { f2 g }
ァ	}
Α	c1

Museデータの#A0フィンガーに、スルー指定にて上記LilyPondの文法を挿入していく

#A0 m4fsl
#B0 d4rmf
%
#A0 "\repeat volta 2 {"	;←
$Rep{
#A0 s4sss llll
#B0 d2m   f2r
}
%
#A0 "}"			;←
#A0 "\alternative {"	;←
#A0 "{"			;←
#A0 s4ls2
#A0 "}"			;←
#B0 m4rdm
%
*LILY"-(x)"		;←マクロ部分の楽譜出力を抑止
${Rep}
%
*LILY"+(x)"		;←再開
#A0 "{"			;←
#A0 c4lsf
#A0 "}"			;←
#A0 "}"			;←
#B0 m4fdr
%
#A0 m1
#B0 d1

これで、カッコ付き反復記号の楽譜をMuseデータからエクスポートできる。

なお、連続するスルー指定を集約しながら元のフィンガー行にスルー指定を埋め込むことで上記のコーディング量を削減した改良例を以下に示す。(★印が集約行)
この場合でも、楽譜の出力結果は一致する。

#A0 m4fsl
#B0 d4rmf
%
#A0 "\repeat volta 2 {"			;←
$Rep{
#A0 s4sss llll
#B0 d2m   f2r
}
%
#A0 "} \alternative { {" s4ls2 "}"	;←´↓★
#B0 m4rdm
%
*LILY"-(x)"				;←マクロ部分の楽譜出力を抑止
${Rep}
%
*LILY"+(x)"				;←再開
#A0 "{" c4lsf "} }"			;←きァ
#B0 m4fdr
%
#A0 m1
#B0 d1

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS