*DATAを活用する

概要

SC-88Pro以降のサウンドキャンパスシリーズにおいてインサーションエフェクト(EFX)と呼ばれるエフェクトが使用可能になっている。
これにより、様々な効果を与えることが可能になっている。

基本的な使用法

とりあえずエフェクトの種類を選ぶ

エフェクトの種類の選び方は以下の通り

*DATA"41,10,42,12(40,03,00,MSB,LSB)

たとえば、Stereo-EQというエフェクトの場合MSBが01でLSBが00なので

*DATA"41,10,42,12(40,03,00,01,00)

となる。

効果を与えるメンバーを指定する

次に、効果を与えるメンバーを指定します。
GSにおけるインサーションエフェクトは効果を与えるメンバーの数に制限はありません。

*DATA"41,10,42,12(40,4x,22,01)"

xの部分を変えることによって効果を与えるメンバーを指定します。メンバーと値の一覧は以下の通りです。

xメンバー
1A
2B
3C
4D
5E
6F
7G
8H
9I
AJ
BK
CL
DM
EN
FO
0Z

すなわち、Dメンバーに効果を与えたいときは

*DATA"41,10,42,12(40,44,22,01)";D Member

のように記述します。
もし複数のメンバー。たとえばFGメンバーに効果を与えたいときは

*DATA"41,10,42,12(40,46,22,01)";F Member
*DATA"41,10,42,12(40,47,22,01)";G Member

のように2個記述するとよいです。

共通パラメータ

すべてのインサーションエフェクトにおいて共通的なパラメータがあります。これをいかに記述します。

パラメータ設定値値(H)アドレス(H)
Reverb0 - 12700 - 7F40,03,17
Chorus0 - 12700 - 7F40,03,18
Delay0 - 12700 - 7F40,03,19

なお、システムエフェクトにおけるリバーブ、コーラス、ディレイについてはインサーションエフェクトを使用したメンバーにおいてはバイパスされてしまうので上記のパラメータにより設定する必要があります。

使用可能機種

エフェクトの種類

フィルター系

ゆがみ系

モジュレーション系

コンプレッサー系

コーラス系

ディレイ/リバーブ系

ピッチ・シフト系

その他

2種類のエフェクトを直列に接続したもの

3種類以上のエフェクトを直列に接続したもの

2種類のエフェクトを並列に接続したもの


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google